鈴木新彩アナの高校・大学・中学に学生時代の画像やエピソードもまとめた!

スポンサーリンク

 

2022年4月に入社したばかりの新人アナウンサー、テレビ朝日の鈴木新彩(すずきさらさ)アナ。

 

プロフィール 鈴木新彩アナ
出典:https://www.tv-asahi.co.jp/sphone/

 

入社1年目にして『Mステ』サブMCを任されるという、期待のアナウンサーです!

 

名前の由来は”新世紀を彩る子になってほしい”という想いで両親が付けたそう。

 

由来通りの子になりそうですね!

 

今回は鈴木新彩アナの高校・大学・中学に学生時代の画像やエピソードもまとめた!

 

という事で、今一番気になる鈴木新彩アナについて調べていきます!

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク

鈴木新彩アナの出身大学はどこ?

 

鈴木新彩アナの出身大学は慶應義塾大学文学部人文社会学科です。

 

偏差値は65で、倍率は4倍だそう。

 

生徒の割合は女子の方が多いようですね!

 

では大学時代どんな風に過ごしたのか調べていきます!

 

大人しく真面目

 

慶大の人文社会学科について調べてみると”大人しく真面目な人”が多いそうで、熱心に勉強をするにはとても良い環境のようですね。

 

鈴木新彩アナ、じつは大学時代にラジオ番組に出演した事があるんです。

 

大学時代 鈴木新彩アナ
出典:https://www.instagram.com/

 

その際に”自分の事を一言で言うと?”など司会者に

問われ、鈴木新彩アナ本人が”見た目よりも真面目な人です!”と答えていました。

 

自分でそう言えるくらいなので、”自身を持って言えるほど努力をしてきた”という表れのように感じました。

 

きっと人文社会学科は、そんな鈴木新彩アナにとってはピッタリの学び場だったのではないでしょうか!

 

ミス慶大?!

 

じつは鈴木新彩アナ、アナウンサーを目指していた事から、母親にアナウンススクールを勧められ大学時代に「セント・フォースカレッジ」に通っていたそうなんです。

 

そして、その後の2020年3月にはセント・フォース「スプラウト」に所属しています。

 

アナウンサーになる前から芸能活動をしていたんですね!

 

撮影 鈴木新彩
出典:https://twitter.com/centforce_mgr

 

「スプラウト」はセント・フォースにある現役大学生のみが所属できる部署で、なんと倍率は100倍以上なんだそう。

 

毎年何千通もの応募があるそうですが、選ばれるのは10名以下なんですって。

 

あと、こんな情報も。

 

セント・フォーススプラウトの所属者は、「ミス立教グランプリ」や「ミス東大コンテストグランプリ」など、「ミス」の肩書を背負っているのは当たり前。

引用:トレンドニュース(https://trendnews.yahoo.co.jp/)

 

という事は、鈴木新彩アナもミスコン出身かもしれないと思い調べてみました。

 

ですが、ミスコンに出場していたというような情報は一切ありませんでした。

 

当たり前と言われている肩書を持っていないのに選ばれたなんて、鈴木新彩アナ自身の魅力が凄かったんでしょうね~!

 

その証拠に、所属した年の10月に”テレ朝に内定した”なんて噂が立った事もあったそうで、既に目立った存在だった事が伺えます。

 

大学時代 鈴木新彩アナ
出典:https://www.instagram.com/centforce.official/

 

こんなに可愛いので、納得ですよね。

 

慶大に行って勉強するだけでも大変なのに、芸能活動も頑張っていたと聞くとますます応援したくなってきました!

 

大学生活

 

大学時代からアナウンサーになるために努力をしていた鈴木新彩アナ。

 

練習 鈴木新彩アナ
出典:https://www.instagram.com/centforce.official/

 

これだけする事が多かったのに問題なくスムーズに慶大を卒業しているなんて、本当に立派ですよね。

 

ですが、大学生活に頑張っていた事はまだあります。

 

まず部活の吹奏楽部です。

 

担当楽器は金管楽器のホルン。

 

ホルンって重たいし、かなりの肺活量が必要なので難しいんですよね。

 

鈴木新彩アナだとフルートとかかなと思ったので、意外でした!

 

あとは、ライターの長期インターンなんかもしていたそうです。

 

勉強や芸能活動とする事が多い中で部活も頑張っていたなんて、スゴ過ぎます。

 

食堂 鈴木新彩アナ
出典:https://www.instagram.com/tvasahi_announcers/

 

それに、大学の学食でよく食べていたのは”スタミナ丼”だったそうで、小柄で華奢なイメージを持っていましたが、これらの情報を知るとエネルギーが強い方なんだなと思いました!

 

鈴木新彩アナの出身高校は?

 

では、鈴木新彩アナの高校についても調べみると、慶應義塾湘南藤沢高等部と出てきました。

 

慶應コースだったんですね!

 

やはりめちゃくちゃ頭が良い方でしたね。

 

お嬢 鈴木新彩アナ
出典:https://www.instagram.com/tvasahi_announcers/

 

卒業生には辻岡義堂アナや松村未央アナなど居ます。

 

どんな学校?

 

慶應義塾湘南藤沢高等部は私立で共学です。

 

慶應義塾湘南藤沢 鈴木新彩アナ
出典:https://www.sfc-js.keio.ac.jp/

 

偏差値ですが、なんと76もあります。

 

神奈川県内の中でも1位になりますね。

 

更に凄いのが、全国での順位も10位で、それも”10,004校もある中で”なので本当に優秀な学校なんです。

 

卒業後の進路は、ほとんどが推薦により慶應義塾大学に行くそうで、超エリートコースのようですね。

 

帰国子女?

 

こちらの学校は英語にも力を入れているようで、帰国子女にも人気が高いそうです。

 

もしかすると鈴木新彩アナも帰国子女ではないかと思い調べてみましたが、確信できるような情報はありませんでした。

 

勉強 鈴木新彩アナ
出典:https://www.instagram.com/centforce.official/

 

ただ、アナウンススクールを勧める母親が居たり、尊敬する人が父親である事などを見ると、両親もエリートなのではないでしょうか。

 

それと、父親はトランペットも演奏するようで、家には3台のトランペットがあるそうなんです。

 

学校も私立ですし、家庭は裕福なのだと思われます。

 

鈴木新彩アナが取得している英検は2級までですが、父親が高給取りだと考えると海外赴任がある仕事でも可笑しくないですよね。

 

となると、帰国子女なんて事も考えられると思います。

 

MCデビュー?!

 

どうやら鈴木新彩アナは高校時代も吹奏楽部に入っていたようですね。

 

高校? 鈴木新彩アナ
出典:https://www.tv-asahi.co.jp/sphone/

 

そして、吹奏楽部の演奏会でMCデビューを果たしていたようです!

 

演奏会で高校3年間ずっとMCを務めさせていただいて、それが私にとっても人生で初めての“MC”でした。

引用:Yahoo!ニュース(https://news.yahoo.co.jp/)

 

この経験があった事で、今の鈴木新彩アナに繋がっているものがあるんだそう。

 

演奏会のMCって重要な役割だと思います。

 

3年間も任されるくらいなので、きっと高校時代からしっかりした方だったんでしょうね。

 

まだ新人という事もあって、昔の情報も少ないんですよね。

 

可愛い 鈴木新彩アナ
出典:https://www.instagram.com/tvasahi_announcers/

 

高校時代のエピソードや写真など気になる事が多いですね。

 

また情報が見つかり次第更新していきます!

 

スポンサーリンク

鈴木新彩アナの出身中学や小学校も調査!

 

高校、大学と慶應コースだった鈴木新彩アナですが、中学校と小学校はどこに行ったのでしょうか。

 

情報が少しでもないか、調べてみました!

 

出身中学校も慶應?!

 

出身高校である慶應義塾湘南藤沢高等部ですが、中等部からある中高一貫校のようです。

 

高等部からも入学は可能みたいなのですが、それには条件があり”首都圏以外の在住者”でないと認められないんだとか。

 

となると、鈴木新彩アナは東京都出身なので、高等部から入る事は不可能になりますよね。

 

なので、慶應義塾湘南藤沢中等部から通っていたのではないかと思われます。

 

もう1つ根拠となる情報もあり、それは部活動の先生について。

 

じつは、鈴木新彩アナは高校からではなく、中学から吹奏楽部をだったそうで、それも顧問は同じ先生のようなんです!

 

「Mステ」サブMCが決まった時に、”誰に伝えたいか”を聞かれこのように答えていました。

 

中学、高校の部活の顧問の先生に伝えたいと思いました。私は学生時代、吹奏楽部に所属していたのですが

引用:Yahoo!ニュース(https://news.yahoo.co.jp/articles/becd71b2dc7b9bcd763bb3522136457a23fa1e2b)

 

中学・高校という事なので、これを聞くと慶應義塾湘南藤沢中等部だった事は間違いなさそうですね。

 

才女 鈴木新彩アナ
出典:https://www.instagram.com/ex_musicstation/

 

勉強が大変だったと思うのですが、中学で部活も入っていたなんて本当に努力家なんですね。

 

きっと顧問の先生も感慨深いものがあったでしょうね~!

 

オタク中学生

 

鈴木新彩アナ自身もアイドルのような可愛さがありますが、じつは中学生時代から乃木坂46の大ファンだそうです。

 

”オタク気質”と自己分析しているようで、他にもKARA、少女時代、私立恵比寿中学、BLACKPINKなど、とにかくアイドルが大好きだったようですね。

 

鈴木新彩アナにアイドルっぽさを感じるのは、このアイドル好きが影響したのかもしれませんね!

 

大学 鈴木新彩アナ
出典:https://twitter.com/geeupsprout

 

それにしても、本当に可愛い方ですよね~。

 

意外とスポーツマン

 

部活は吹奏楽部という事で、他にスポーツなどをしていたような情報はなかったのですが、”中学時代に反復横跳びが1位だった”というものがありました。

 

もしかしたら、吹奏楽部でする腹式呼吸が役に立ったのかもしれませんね!

 

吹奏楽部でも学校によっては部活前にランニングするところもありますよね。

 

鈴木新彩アナもランニングとかしてたのかも。

 

腹式呼吸は持久系のスポーツに良いので、スポーツをすれば出来るタイプだったかもしれません!

 

ただ、鈴木新彩アナは夏とか暑いのは苦手なようなので”スポーツ好き”ではなさそうです。

 

出身小学校

 

現在までの情報でかなり優秀な学生だった事が伺えましたが、そうなると出身小学校も気になってきますよね。

 

ただ、小学校については今のところ情報がありませんでした。

 

家庭が裕福で、中学から大学まで慶應だった事を考えると小学校も良いところに通っていた可能性は高いのかなと思いました。

 

どんな子だった?

 

では小学生の鈴木新彩アナはどんな子供だったのか、そちらを調べてみました!

 

まず一番に出てきた情報は、趣味のフィギュアスケート観戦。

 

小学生の頃に安藤美姫さんのスケートをみて心酔し、それからフィギュアスケート観戦をするようになっていたそうです。

 

現在でも1、2ヵ月に1度のペースで大会やアイスショーを観に行っているそうですよ。

 

スケート 鈴木新彩アナ
出典:https://www.tv-asahi.co.jp/sphone/

 

小学生がスケートを見て”心酔”って、言葉の表現もあると思いますが感性がスゴイですよね。

 

もちろん、子供らしい一面もしっかりとあります!

 

よく見ていたテレビ番組は「Mステ」、「ふたりはプリキュア」、「ポケモン☆サンデー」だそう。

 

出典:https://www.instagram.com/ex_musicstation/

 

そんな大好きな「Mステ」のサブMCが出来るなんて、本当に嬉しかったでしょうね~。

 

猫アレルギー

 

小動物のような可愛さもある鈴木新彩アナ。

 

じつは猫アレルギーなんだそう。

 

しかもアレルギー数値をMAXに超えるくらいだそうです。

 

いつ判明したのかは正確な時期は分かりませんでしたが、子供の頃に判明したんだそう。

 

それだけではなく、犬アレルギーもあったみたいですが、犬アレルギーは現在治っているみたいです。

 

これから動物と共演する仕事もあるかもしれないので、気を付けて頑張って貰いたいですね。

 

清楚 鈴木新彩アナ
出典:https://www.instagram.com/ny123city/

 

これから人気が更に出てくるアナウンサーです!

 

活躍も楽しみですが、これから新しい情報が入るのも楽しみですね~。

 

スポンサーリンク
 

まとめ

 

今回は鈴木新彩アナの高校・大学・中学に学生時代の画像やエピソードもまとめた!

 

  • 鈴木新彩アナの出身大学は慶應義塾大学文学部人文社会学科
  • 鈴木新彩アナの出身高校は慶應義塾湘南藤沢高等学部
  • 鈴木新彩アナの出身中学校は慶應義塾湘南藤沢中等部
  • 鈴木新彩アナの出身小学校については情報がありませんでした

 

入社1年目にしてファンが多い鈴木新彩アナ!

 

きっとこれからの活躍でもっとファンが増えていきますね!

 

応援しています!

 

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク
error: 申し訳ありません。このページでは右クリックは出来ません。