赤木野々花アナの結婚相手の旦那がイケメン!馴れ初めや経歴も調査!

スポンサーリンク

 

2013年に入社したNHKのアナウンサー、赤木野々花(あかきののか)アナ。

 

 

目が大きく可憐な可愛らしさを持ち合わせつつ、雰囲気は大人っぽさを兼ね備えています。

 

それだけに男性人気のとても高い赤木野々花アナですが…

 

実は写真週刊誌によって、既に結婚されている、と報じられています。

 

そんな赤木野々花アナの旦那さん、一体どのような方なのか気になりますよね。

 

今回は赤木野々花アナの結婚相手の旦那がイケメン!?馴れ初めや経歴も調査!

 

という事で、赤木野々花アナと結婚相手の旦那さんの情報。

 

そして馴れ初め、さらには経歴も調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

赤木野々花アナの結婚相手の旦那はどんな人?

 

赤木野々花アナの結婚については、2020年8月27日発売の週刊誌『週刊文春』が報じています。

 

それによると、赤木野々花アナの旦那さんはイケメンで身長180cmくらいあるガッシリ体型。

 

そして職業はテレビ番組のディレクターだそうです。

 

と真剣交際し、結婚が決まったことを報じていました。

 

 

その記事によると赤木野々花アナは2018年頃から、俳優の林遣都さんに似ている2歳年上の番組ディレクターと交際しているそうです。

 

林遣都さんに似ていて身長180cm超え…

 

赤木野々花アナの旦那さんが似ているという俳優の林遣都さん
出典:https://mdpr.jp/

 

そこらのタレントよりも遥かにイケメンな旦那様なのでは…

 

また、親友でもありNHKの同期、上原光紀(うえはらみつき)アナや番組関係者らにも、すでに結婚相手を紹介しているとの事。

 

赤木野々花アナ、結婚について着々と準備をされていたみたいですね。

 

ただ、2020年時点では新型コロナウイルスの影響などで残念ながら年内の結婚式は諦めざるを得なかったのだとか。

 

それでも、2021年春頃に結婚式を行う予定で、ガーデンウェディングが可能な会場を押さえていた、

と赤木野々花アナの知人は話していたそうです。

 

結婚報道前の2020年8月中旬には東京都内の隠れ家的居酒屋で、赤木野々花アナと結婚相手はデートをしていたそうです。

 

その場にいたお客さんによると、

 

2人はカウンターに座り、スパークリングワインを飲みつつ旅行について話していた

 

との事です。

 

誰がいるかわからないので周りを気にしたのか敬語で話し、赤木野々花アナは

 

 
9月は夏休みなので、いつでも行けます!

 

と楽しそうな雰囲気だったんだとか…

 

そしてその後、2人は仲良く肩を寄せ合い同棲先のマンションへと帰宅したとのことです。

 

 
羨ましい…

 

 

こちらが文春が激写した赤木野々花アナと旦那さんとのツーショット。

 

出典:https://bunshun.jp/

 

うーん、赤木野々花アナの旦那さん、本当に高身長でスタイル良いですね。

 

ムチムチ体型の赤木野々花アナとの対比で余計補足見えます。

 

報道の1週間後、『週刊文春』が、仕事終わりの赤木野々花アナに結婚について直撃取材をしたそうです。

 

しかし、広報を通してくださいと直接聞くことが出来ず。

 

その後もNHKに話を聞くも、やはり職員のプライベートについては答えられないとの事だったようですね。

 

という事で、現在赤木野々花アナは既に入籍しているのか?

 

二人は結婚しているのか?

 

という点についてははっきりした事はわからない、というのが現状のようですね。

 

結局は結婚について言及された近江友里恵アナの様な前例もありますから、

もしかしたらこのまま結婚については一切公表せずに仕事を続けると言う事もありえそうですね。

 

とはいえ、赤木野々花アナの結婚や旦那さんの情報に関しては今後も注意深く情報を追っていきたいと思います。

 

赤木野々花アナと旦那の馴れ初めは?

 

そんな赤木野々花アナと結婚相手のイケメンディレクターはどのように出会い、付き合ったのか気になりますよね。

 

そのきっかけとなったのは赤木野々花アナが担当していたNHK総合のテレビ番組『日本人のおなまえ』

 

 

その番組の担当ディレクターをされていたのが、現在の結婚相手と言われている旦那さん。

 

旦那さんはNHKの職員という訳では無く、外部の制作会社に所属する方のようです。

 

番組をきっかけに2人は仲良くなり、交際に発展したそうです。

 

その直後から2人は同棲を始め、1年が経つ頃には自然と結婚を意識し順調に愛を育んでいたんだとか。

 

しかし、岡山に住む赤木野々花アナの母親が2人の結婚に反対したといいます。

 

というのは、赤木野々花アナは小さい頃からハープを習うようなお嬢様で、赤木家は地元の名家だそう。

 

母親は結婚に不安を覚えたのだとN H K関係者が話していたみたいです。

 

そのことについて悩んだ赤木野々花アナが相談した相手はなんと、『日本人のおなまえ』で共演中のフリーアナウンサー、古舘伊知郎さんだったそう。

 

番組共演をする中で、古舘さんから色々とアドバイスをもらった事があるという赤木野々花アナ。

 

アナウンサーはもとより人生の先輩としても絶大な信頼を寄せているとのことで、

母親から結婚を反対された時もすぐに相談したみたいです。

 

その後も母親に2人の想いを伝え続けていたそうで、結果的に結婚相手を婿入りさせることで結婚の許可が下りたのだそう。

 

7月中には相談に度々乗ってもらっていた古舘さんに結婚が無事決まったことを報告し、祝福をしてもらったみたいです。

 

スポンサーリンク

赤木野々花アナの旦那の経歴も気になる!

 

 

大学時代の赤木野々花アナ

 

まずは、赤木野々花アナの経歴をご紹介していきますね。

 

岡山市立京山中学校、岡山県立岡山城東高等学校、そして慶應義塾大学総合政策学部を卒業。

 

2013年にNHKのアナウンサーとして入局しています。

 

NHK入局前の2010年の大学2年生にも、BSフジ「ワッチミー!TV×TV」に出演をしていた赤木野々花アナ。

 

大学では国際報道を学んでいたそうでNHKワールドでアルバイトや番組にもすでに出演していたんだそう。

 

N H K入局後はまず徳島、大阪放送局に配属されます。

 

大阪放送局時代には『ニュースほっと関西』のキャスターを務め、2016年にはリオデジャネイロ五輪のデイリーハイライトでキャスターをしていました。

 

その後、2017年に東京アナウンス室に配属された後は、

 

NHKニュースおはよう日本

おやすみ日本 眠いいね!

新世代が解く!ニッポンのジレンマ

ニュース645

 

など様々な番組の担当を任せられ、現在は

 

日本人のおなまえ

うたコン

 

などに出演しています。

 

赤木野々花アナの旦那さんの経歴については、外部の制作会社に所属するテレビマン。

 

そして、赤木野々花アナとの出会いにもなった番組『日本人のおなまえ』のディレクターを担当した後、

赤木野々花アナと交際開始後には独立をし、制作会社を設立したみたいです。

 

現在はNHKの紀行番組でディレクターを務めているのだそう。

 

ちなみにディレクターというのは、テレビ番組の制作を指揮する職業。

 

番組の企画や収録に必要な手配を行い、カメラマンや照明など、さまざまな技術者に指示を出す立場にあります。

 

ディレクターになるためには制作会社に入社した場合、まずはアシスタントディレクターとして下積みを経験しなければなりません。

 

ディレクターやプロデューサーに昇格するには長い時間が必要です。激務でよく知られる職業でもありますよね。

 

またテレビ番組の制作には、幅広い視野と豊かな教養を持っている必要があります。

 

そのことからも、赤木野々花アナの旦那さんはとても努力と苦労をされたのではないのでしょうか。

 

そこから制作会社を設立したというのはやはり凄い方だと思います。

 

まとめ

 

 

今回は赤木野々花アナの結婚相手の旦那がイケメン!?馴れ初めや経歴も調査!

 

という事で、NHKの女子アナウンサー、赤木野々花アナの結婚や旦那さんについて調べました。

 

  • 赤木野々花アナの結婚相手はイケメン、高身長でガッシリ体型の番組ディレクター
  • 赤木野々花アナの結婚相手は2歳年上で俳優・林遣都さん似
  • 2021年春頃に結婚式を行う予定でガーデンウェディングが可能な会場を押さえていた
  • 出会ったきっかけは赤木野々花アナが担当する番組で、結婚相手が外部の制作会社に所属していた時にディレクター担当をしたこと
  • 最初は赤木野々花アナの母親が2人の結婚に反対していた
  • 結婚相手は赤木野々花アナと交際開始後、独立して制作会社を設立し、現在はNHKの紀行番組でディレクターを務めている

 

これからも赤木野々花アナがどんな活躍をしてくれるか楽しみですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク