世永聖奈アナのチア画像がかわいい!彼氏や結婚情報、現在の出演番組も気になる!

スポンサーリンク

 

北海道放送(HBC)の女子アナウンサー、世永聖奈(よなが せな)アナ。

 

 

夕方のローカルワイド・情報番組「今日ドキッ!」のスポーツキャスターでお馴染みですよね。

 

今回は今回は世永聖奈アナのチア画像がかわいい目!彼氏や結婚情報、現在の出演番組も気になる!

 

という事で、そんな世永聖奈アナの気になる情報をまとめました!

 

 

スポンサーリンク

 

世永聖奈アナのwikiプロフィール

 

名前:世永 聖奈(よなが せな)
生年月日:1992年6月14日
年齢:28歳
出身地:北海道宗谷郡猿払村
血液型:O型
最終学歴:立命館大学産業社会学部卒業
勤務局:HBC北海道放送
職歴:さくらんぼテレビ(2015年4月 – 2017年2月)
活動期間:2015年 –

趣味

一人カラオケ、岩盤浴、スポーツ観戦

 

世永聖奈アナは北海道生まれ

世永聖奈アナの出身地は北海道宗谷郡猿払村。

 

人口約2500人の猿払村は

 

東部はオホーツク海に接する海岸が続き、国道238号が南北に縦貫する。西部は丘陵・山岳地帯。村総面積の8割が森林。

 

と、海に山に森と自然に囲まれた土地なんですね。

 

場所を見ると

 

北海道最北端だ!

 

豊かな緑に

 

海まで続く水平線

 

凄い場所だなあ

 

ホタテ漁も盛んな猿払村で世永聖奈アナのご実家はホタテの養殖を営んでおられたそうで、世永アナ本人もホタテに関しては強い思い入れがあるようですね。

 

名前の由来は音速の貴公子!?

聖奈とかいて「せな」と読む、ちょっと変わった名前の世永聖奈アナ。

 

世永って名字もかなり変わってるけどね

 

女の子ならば「せな」ではなく「せいな」の方が一般的ですよね。

※因みに大阪の準キー局、関西テレビには谷元星奈アナ、舘山聖奈アナという関西2大聖奈がおられるんですよ笑

 

この名前の由来は世永アナのお父さんが「音速の貴公子」と呼ばれたF1レーサー、アイルトン・セナの大ファンだった事から着けられた名前なんだそうです。

 

アイルトン・セナの名前を受け継いだ世永アナはHBCでは氷上のF1と呼ばれる競技「リュージュ」に挑戦した事も!

 

 

「セナ」ファンのお父さんも大喜びなのかな?

大学進学で京都へ

高校は札幌市の立命館慶祥高等学校に通っていた世永聖奈アナ。

 

立命館慶祥高等学校
(りつめいかんけいしょうこうとうがっこう)

立命館慶祥高校は、北海道江別市にある、外部混合有りの併設型の中高一貫校です。学校法人立命館による設置で、系列校には立命館大学や立命館アジア太平洋大学、立命館中学校・高校などがあります。

引用:https://www.minkou.jp/

 

大学は学校法人立命館の系列校である京都の立命館大学へ進学。

 

大学時代はチアリーディングに明け暮れ、プロバスケットボールチーム・京都ハンナリーズの公式チアダンスチーム「はんなりん」に所属されていました。

 

大学生時代チアダンスチーム「はんなりん」に所属していた頃の世永聖奈アナ

 

「はんなりん」のメンバーはニックネームとナンバーが割り振られているんですが、当時の世永聖奈アナは

 

ナンバー15「sena」

 

として活躍していたようです。

 

大学生時代チアダンスチーム「はんなりん」に所属していた頃の世永聖奈アナ2

 

「はんなりん」時代は毎回イベントの司会を担当していたという世永聖奈アナ。

 

当時からアナウンサーを目指し、経験を積まれていたんでしょうね。

 

また、はんなりんチアスクールではダンスのアシスタント講師も務めていたそうです。

 

世永聖奈アナの出身中学に関して公表はされていないんですが、猿払村の中学校は拓心中学校の1校しか存在しないため、世永アナは拓心中学校に通っておられた可能性が高そうです。

 

もしくは立命館慶祥は中高一貫校の為、中学生から立命館慶祥に通っていたという事も考えられますね。

 

山形さくらんぼテレビに入社

大学卒業後の2017年、山形県の放送局さくらんぼテレビに女子アナウンサーとして入社。

 

さくらんぼテレビでは

 

・昼ドキ!TV やまがたチョイす

・さくらんぼテレビ みんなのニュース

 

などの番組に出演されています。

 

HBC北海道放送へ移籍

2017年2月、2年間務めたさくらんぼテレビを退社した世永聖奈アナ。

 

同年3月に谷藤博美アナ、森結有花アナと共にHBC北海道放送へ移籍されています。

 

移籍後は故郷である猿払村のふるさと納税の映像に出演し、猿払村のPRをされている事からも、

HBCへの移籍は故郷である北海道、そして猿払村への想いがあってのものである事は間違いないでしょうね。

 

 

スポンサーリンク

 

世永聖奈アナの現在の出演番組をチェック!

 

世永聖奈アナは現在、HBC北海道放送のローカル情報番組、「今日ドキッ!」でスポーツキャスターを務められています。

 

 

帯番組のレギュラーという事で、世永アナを目にする機会が多いのはありがたいですよね。

 

 

北海道出身、そして山梨に就職したものの、生まれ故郷の北海道に戻ってきた、

というここまでの経緯を考えると、フリーアナウンサー転向や道外への移籍などの可能性はかなり低そうです。

 

 

生まれ故郷の北海道でずっと頑張って欲しいね

 

 

また、世永聖奈アナはHBC制作の「知らなくて委員会」が大好きだそうで、

 

いつかあのクラスのメンバーになりたい

 

という思いから自身のインスタグラムで勝手に宣伝隊長を名乗り、番組をPR

 

 

放送でもセットの教室内に「隠れ世永」として登場した事も。

 

インスタのハッシュタグも

 

#目指せレギュラー

 

と「知らなくて委員会」にかなり前のめりの世永聖奈アナ。

 

その想いが早く実って欲しいものですね。

 

もう来週からレギュラーメンバーで良いじゃんねえ
スポンサーリンク

世永聖奈アナのチアガール画像がかわいい!

 

チアリーディングを特技とし、学生時代はプロバスケのオフィシャルダンスチームで活動していた世永聖奈アナ。

 

そんな世永アナのチアガール姿がめちゃくちゃかわいいんです!

 

こちらが「はんなりん」時代のチア衣装。

 

「はんなりん」のユニフォームで胸元があらわになる世永聖奈アナ

 

 

胸元が開きすぎ!けしからんだろ!!

 

しかも世永聖奈アナ、なんとアナウンサーになってからも、得意のチアを披露してくれているんですよね。

 

2020年10月24日には札幌ドームで行われた北海道コンサドーレ札幌vs横浜FCにおいて、コンサドーレ札幌のダンスチーム「コンサドールズ」と共にピッチでパフォーマンスを披露されています。

 

コンサドーレ札幌の公式チアチーム「コンサドールズ」との集合写真

 

 

現役のチアガールと並んでも遜色のない世永聖奈アナ。

 

コンサドーレ札幌の公式チアチーム「コンサドールズ」と共に札幌ドームでパフォーマンスを披露する世永聖奈アナ。

 

本当にチアが大好きだというのが伝わってきますよね。

 

しかも、現役を離れてから何年も経っているにもかかわらず、体型もバッチリ維持されています。

 

現役を離れても体型を維持し、めちゃくちゃスタイルの良い世永聖奈アナ

引用:https://www.instagram.com/hbc_yonagasena/

引き締まってるし、ウエスト細すぎ!

 

こんなかわいいチアガールに応援されたら、実力以上のものを発揮できそうですね。

 

あふれんばかりの笑顔に癒されまくりです。

 

チアパフォーマンス中の笑顔が素敵な世永聖奈アナ

チアパフォーマンス中の笑顔が素敵な世永聖奈アナ出典:https://www.instagram.com/shige26vv/

 

天使だ!

 

スポンサーリンク

 

世永聖奈アナの彼氏情報が気になる!

 

そんな世永聖奈アナなんですが、気になるのは彼氏や結婚事情ですよね…

 

調べてみたところ、世永聖奈アナには彼氏の情報はなく、現在結婚されているという情報もありませんでした。

 

安心した!

 

しかし、1992年生まれの世永聖奈アナは2021年6月には29歳。

 

そして来年には30歳と節目の歳を迎えられます。

 

北海道でのアナウンサー生活も今年で4年目。

 

現在付き合って居る彼氏がいるならば、そろそろ結婚を考えてもおかしくない時期ですよね。

 

現時点ではなんの情報もないですが、今年から来年にかけては世永聖奈アナの動向には注目したいですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は今回は世永聖奈アナのチア画像がかわいい目!彼氏や結婚情報、現在の出演番組も気になる!

 

という事で、HBC北海道テレビの女子アナウンサー、世永聖奈アナの記事を書かせて頂きました。

 

まとめ
・世永聖奈アナの出身地は北海道宗谷郡猿払村
・世永聖奈アナは立命館慶祥高校を経て、立命館大学を卒業した
・世永聖奈アナは大学時代からチアダンスチームに所属し活動していた
・世永聖奈アナの彼氏や結婚の情報はなし
・世永聖奈アナはかわいい!

 

それでは、読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

error: 申し訳ありません。このページでは右クリックは出来ません。