杉原凜アナの出身大学や高校、中学に小学校など学生時代も全部まとめ!

スポンサーリンク

 

日本テレビの女子アナウンサー、杉原凜(すぎはらりん)アナ。

 

「ザ・世界仰天ニュース」のアシスタントや「Oha!4NEWS  LIVE」で朝の顔として活躍中。

 

日本テレビ所属の杉原凜アナ

 

今回は杉原凜アナの出身大学や高校、中学に小学校など学生時代も全部まとめ!

 

ということで杉原凜アナの学生時代について調査しました。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

杉原凜アナの出身大学はどこ?

 

杉原凜アナの出身大学は、東京都小平市にある「津田塾大学学芸学部・英語英文学科」(偏差値55)。

 

津田塾大学
出典:大学ポートレート(https://up-j.shigaku.go.jp/)

 

1900年創立の私立の女子大です。

 

同大学の先輩にあたる「後藤晴菜アナ」とは同じ局ということもあって仲がいいようですね。

 

日本テレビ所属の杉原凜アナ
出典:インスタグラム(https://www.instagram.com/)

 

杉原凜アナ、大学在学中に映画「フラガール」を見たことがきっかけでフラダンスに熱中していたそうです。

 

フラダンスサークルに入り週2~4日ほどのペースで練習。

 

昨日よりも1ミリでも低く」を目標に励んでいたそうですよ。

 

日本テレビ所属の杉原凜アナ

 

歌詞を体で表現することがたまらなく楽しかったようですね。

 

そんな杉原凜アナ、大学在学中にアルバイトも経験

 

大学1年の頃から4年間、日本テレビのイベントコンパニオンを務めています。

 

イベントコンパニオンとは、「式典イベントの受付業務」「番組アシスタント」「表彰式などのステージアシスタント」などですね。

 

杉原凜アナは、なんとあの「しゃべくり007」の番組アシスタントも務めていたそうです。

 

イベントコンパニオンは、アナウンサーになるための経験を積むにはもってこいなアルバイト。

 

同じ日本テレビ同期の「河出奈都美アナ」とは当時からのバイト仲間だったようですね。

 

日本テレビ所属の杉原凜アナ

 

杉原凜アナ、大学2年時には本格的にアナウンサーになるためにアナウンススクール「日テレ学院」に通学します。

 

その後見事日本テレビに内定。長年の夢だったアナウンサーになれた気の緩みからか、大好きな油そばを食べて6キロも増量。

 

これには周囲からも注意されたようですね。

 

杉原凜アナは、キー局アナウンサーの登竜門になっている「ミスコン」などに出た情報はありませんでした。

 

大好きなフラダンスやアルバイトに没頭する大学時代だったのかもしれないですね。

 

杉原凜アナの出身高校は?

 

杉原凜アナの出身高校は、埼玉県本庄市にある「本庄東高等学校」です。

 

本庄東高等学校
出典:学校法人小松学園 (https://www.honjo-higashi.ed.jp)

 

私立の共学で中高一貫校。

 

偏差値は55~67、コースによって偏差値は大きく変わるようですね。

 

こちらの学校は成績によってクラスが分けられるようです。

 

杉原凜アナの在籍していたコースについての明確な情報はなかったのですが、インタビューで高校のクラスは3年間とも1組だったという情報を発見!

 

一番成績が優秀な「特進選抜コース」の可能性が高いです。

 

 担任の先生は中高6年間、同じ先生でした。12歳から18歳までの私を見てくださった太幡たばた俊也先生です。本庄東では、成績順にクラス分けされ、同じクラスを同じ先生が受け持ちます。私はたまたま6年間、1組でした。クラスの底辺でしたが(笑)。

引用:読売新聞オンライン

 

ということは偏差値は67くらいになりますね。

 

本人はそのクラスでも底辺だったと話していましたが、通常よりもかなり成績優秀な生徒だったことが想像できます。

 

毎日小テストかあるほど勉強に力を入れている学校なので部活をしている生徒は少ないよう。

 

特に特進選抜コースのクラスは補修授業などもあるので部活はできないみたいです。

 

実際、杉原凜アナも高校時代は部活には入らず勉強に打ち込んでいたと話しています。

 

高校時代は勉強一本のようで、放課後も学校に残り模試に向けて頑張っていたそうですよ。

 

勉強に飽きた時は、息抜きに食堂に行って友達とおしゃべりしていたんだとか。

 

勉強の中でも特に英語に興味があったそうで、高2の終わりごろには英語が学べる津田塾大学に進学を決意

 

英単語を毎日欠かさず勉強していたそうです。

 

高校時代の担任の先生は、中高変わらず6年間一緒の先生だったんですね

 

卒業してからも連絡をとるほど、とても信頼している恩師がいるなんて羨ましいです。

 

日本テレビ所属の杉原凜アナ
出典:Twitter画像(https://pbs.twimg.com/)

 

高校生活の中で、勉強だけでなくマナーや礼儀、生活習慣なども教わったそうで、アナウンサー杉原凜の基礎は高校時代に培ってきたものなのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

杉原凜アナの出身中学校や小学校も調査!

 

杉原凜アナは埼玉県本庄市生まれ。

 

実家は3代続く自動車部品の町工場で、東五十子にある「タツムテクノロジー」です。

 

出身小学校は実家の校区内にある公立「本庄東小学校」。

 

本庄東小学校

 

小学校の習い事は「ピアノ・水泳・書道」だったそうです。

 

小学3年生の時、親から市内に中高一貫校ができることを聞き、「本庄東高等学校附属中学校」を受験することを意識し始めたそうです。

 

本庄東高等学校附属中学校
出典:スタディアップ (https://www.studyup.jp/)

 

小学4年生から塾に通い始め、見事4期生として本庄東中学校に進学します。

 

中学校ではバドミントン部の部長を務めていたそうです。

 

しかしスマッシュも打てないほどの運動音痴・・・。

 

試合などは部長の権限で出ていらしいですよ。

 

日本テレビ所属の杉原凜アナ

 

さすが私立と言っていいほど、学業にはかなり力が入っていた学校のようですね。

 

小テストは中学校が始まってから毎日。

 

この日々の小テストで自然と机に向かう習慣を身に着けさせていくんだとか。

 

学校が終わってからの放課後や家での学習目標も毎日提出していたそうですよ。

 

この本庄東中学校は講演会も多いらしく、杉原凜アナが中学3年の時に日本テレビの「上重聡アナ」の講演で、改めてアナウンサーを目指したいと強く思ったそうです。

 

日本テレビ所属の上重聡アナ
出典:朝日新聞デジタル (https://p.potaufeu.asahi.com/)

 

アナウンサーの魅力や役割を聞いて、子供のころからの夢を現実にしたいと決めたようですね。

 

上重アナと同じ日本テレビに入社しましたし、アナウンサーになるきっかけを作った憧れのアナウンサーを追いかけてのことだったのでしょうか?

 

どちらにしても、子供の頃からアナウンサー一筋で頑張り続けてた杉原凜アナはすごいですね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

今回は杉原凜アナの出身大学や高校、中学に小学校など学生時代も全部まとめ!

 

という事で、日本テレビの女子アナウンサー、杉原凜アナについて調べました。

 

小学生の頃からアナウンサーを目指し、そのための中学受験。

 

その努力の甲斐あって順調に高校生活を過ごしていたそうですね。

 

津田塾大学進学後は、フラダンスやアナウンサーの経験につながるアルバイトなどを経験し、大学生活を謳歌しています。

 

幼少期からアナウンサー一本の杉原凜アナ

 

あのまぶしい笑顔が本当に可愛いですよね。

 

これからも杉原凜アナを応援しましょう。

 

スポンサーリンク