森下絵理香アナの実家はどこ?両親(父・母)の画像や兄弟も調査!

スポンサーリンク

 

NHK放送センターのアナウンサー、森下絵理香(もりしたえりか)アナ。

 

 

2020年から東京アナウンス室へ異動し、「おはよう日本」のキャスターに抜擢。

 

NHKの「朝の顔」として知的で清潔感のある笑顔を届けてくれていますよね。

 

今回は森下絵理香アナの実家はどこ?両親(父・母)の画像や兄弟も調査!

 

という事で、そんな森下絵理香アナの実家や両親、そして兄弟についても調べました。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

森下絵理香アナの出身地や実家はどこ?

 

森下絵理香アナは神奈川県横浜市生まれの東京育ち。

 

高校生の時にお父様の転勤でアメリカに2年ほど住んでいた帰国子女です。

 

東京育ちということはアメリカに引っ越す前から東京で暮らしていたのでしょうね。

 

日本に戻ってからの高校は公表していないようなのでわかりませんでした。

 

しかし高校卒業後は1年浪人したのちに「上智大学理工学部」に進学されています。

 

きっと高校は東京の有名な進学校だったに違いないです。

 

多くの人がご存じだと思いますが、上智大学は東京都にある有名な私立大学の一つ。

 

理工学部の偏差値は60~62.5、大変優秀でなければ合格しません。

 

そんな優秀な森下絵理香アナ、なんと2013年の大学3年時に「気象予報士」の資格を取得。

 

合格率5%と言われる超難関な資格です。

 

資格取得後はアルバイトとして、気象予報士会社「ウェザーマップ」に所属していたそう。

 

というか、森下絵理香アナは元々は気象予報士を目指していたんだとか。

 

気象予報士の資格を目指したのは中学2年生の時。

 

きっかけは気象予報士の資格を持っていた理科の先生だったんだとか。

 

明日の天気が予報よりも大雪になることを予想し、校長先生に進言して学校は休校。

 

見事予報が当たって、森下絵理香アナは子供ながらに「気象予報士ってすごい!」と思ったそうです。

 

気象予報士に憧れ、実際に国家資格まで取得した森下絵理香アナ。

 

アナウンサーになったのはどうしてなのでしょう?

 

実はアルバイトでウェザーニューズにいたときに「卒業後はここで働きたい」と相談したそうです。

 

その時

 

将来をすぐに決めないで、もっといろいろな仕事を見て、それでもまだ気象の仕事がやりたかったら戻っておいで

 

と言われたそうです。

 

その人の言葉があっての、森下絵理香アナのアナウンサーとしての今があるわけですね。

 

その後、大学を卒業した森下絵理香アナは2015年にNHK放送センターに入社。

 

実家のある東京を離れ、福井放送センターに配属。

 

2018年には仙台放送局を経験し、2020年3月に花形局である「東京アナウンス室」に異動。

 

森下絵理香アナはまだ結婚されていないようです。

 

東京は実家もありますし、現在は実家からお仕事に通っているのでしょうか。

 

プライベートの内容はまだまだ少ないですが、東京勤務が長くなれば色々情報も出てくるかもれませんね。

 

森下絵理香アナの両親はどんな人?

 

森下絵理香アナのご両親についてなのですが、残念なことに全く情報がありませんでした。

 

もちろん画像などもありません。

 

唯一の情報が、先ほどもちょっとだけご紹介した、高校生の時のアメリカへの引っ越し。

 

海外への転勤ということはお父様のお仕事は「通訳・外資系・貿易系」などでしょうか?

 

どちらにしても管理職で語学力が堪能なことが想像されますね。

 

2年間もアメリカに住んでいたので、森下絵理香アナも英語が堪能かと思いきや、当時はそうでもなかったよう。

 

人見知りな性格で全くなじめず、友達もできなかったそうです。

 

英語の勉強はいっぱいしていたけど、いざ話すとなったら全然できなかったみたいですね。

 

言葉の通じない土地での2年間はさぞかし辛かったでしょう。

 

友達もできなかったのでしたら、唯一の話し相手はご両親だったのかもしれないですね。

 

アナウンサーにありがちな帰国子女という経歴なのに英語が苦手。

 

そんな自分のコンプレックスに向き合うために大人になってから英語を猛勉強したのだとか。

 

そんな努力の甲斐あって、現在NHKで国際ニュースを英語で教える「NHKワールドNEWS LINE」のキャスターを担当。

 

なんと全世界160カ国、3億8000万世帯で視聴が可能なんだとか。

 

視聴者の中には英語を勉強する受験生やビジネスマンもいるこの番組。

 

森下絵理香アナはインタビューで

 

教材として使って下さる人もいるのでアナウンサーとして正しい英語を伝えたい

 

と答えています。

 

苦手なことに真剣に取り組むってすごいことですよね。

 

しかも最終的には見本になる立場になっているんです。

 

とてもまじめで聡明な人だなと感じましたね。

 

でもそんな森下絵理香アナの基礎を作ったのはきっとご両親じゃないかなと思うんですよね。

 

2年間のアメリカ生活で、英語ができず周りとなじめなかった。

 

そんな娘を責めたりせかしたりすることなく、しっかりと見守っていたのではないでしょうか?

 

嫌だったことってトラウマになるとなかなか克服できないものですよね。

 

森下絵理香アナのモットーは「人は人、自分は自分」なんだそうです。

 

人と比べることなく、自分の思いを大切に。とご両親から教わっていたのかもしれないですね。

 

スポンサーリンク

森下絵理香アナに兄弟姉妹はいる?

 

残念なことにご兄弟に関する情報もありませんでした。

 

女子アナは一人っ子が多いイメージなので、森下絵理香アナもそうなのかな?と思うのですが…

 

落ち着いていてどことなく「優しいお姉さん」という印象の森下アナ。

 

歳の離れた妹がいたらとてもかわいがっていそうだな、と勝手に想像してしまうんですよね。

 

森下絵理香アナって絶対子供に人気がある要素を沢山持っていると思うんです。

 

まず、とっても手先が器用。可愛いぬいぐるみや折り紙で「ドラコン」など作れるそうですよ。

 

ただの折り紙のレベルではないほどの出来栄えですよね。

 

仕事の合間のリラックス法としてやっているそうです。

 

そしてイラストを描くのも得意。

 

自身が書いたイラストを放送で使用することもあるそうですよ。

 

森下絵理香アナの書いたイラスト

 

とっても味のあるわかりやすいイラストですよね。

 

こんなに可愛い絵を描けるのに学生時代の美術の成績は悪かったんだとか。

 

今のイラストの原点は教科書の隅に買いたパラパラ漫画っていうところがまた可愛いですよね。

 

多才な森下絵理香アナ、まだまだありますよ。

 

アコースティックギターが得意で、NHK福井放送時代には番組内でその腕前を披露しています。

 

そして潜水士の資格も持っているんですよね!

 

なんでも大学時代に取られたものなんだとか。

 

NHK仙台放送局では女川の海の中をレポートしていました。

 

 

いろんな資格を持っていますよね。

 

こんなに何でも出来るお姉さんいたら絶対友達に自慢しますよ。

 

しかも美人で頭もいいから勉強もわかりやすく教えてくれそう。まさに理想のお姉さんですね。

 

まとめ

 

 

今回は森下絵理香アナの実家はどこ?両親(父・母)の画像や兄弟も調査!

 

という事で、NHKの森下絵理香アナの実家や両親、兄弟について調べました。

 

プライベートの情報がまだまだ少なく、明確なことがお伝え出来ず申し訳ないです。

 

これから徐々にわかっていくことを期待しましょう。

 

「アナウンサーと気象予報士の二刀流アナ」として活躍中の森下絵理香アナ。

 

これからも応援していきましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク