森下絵理香アナの出身大学や高校が凄い!英語がペラペラなのはなぜ?

スポンサーリンク

 

NHKの「おはよう日本」の5時台キャスターを務める、森下絵理香(もりしたえりか)アナ。

 

 

「愛嬌のある癒し系美人!」と評判ですが、実は森下絵理香アナはハイスペック女子としても名高いです。

 

そこで今回は森下絵理香アナの出身大学や高校が凄い!英語がペラペラなのはなぜ?

 

という事で、森下絵理香アナの出身大学や高校、噂の英語力について調査してみました。

 

最後までご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

森下絵理香アナの出身大学はどこ?

 

調査したところ、森下絵理香アナの出身大学は、上智大学理工学部でした。

 

上智大学といえば、東京の有名私立大学のひとつ。

 

偏差値の高さでも知られていますが、理工学部の偏差値は60~62ほどだそうです。

 

かなり優秀でなければ入れない高偏差値ですね!

 

森下絵理香アナは大学在学中にアナウンサーを目指しながら、気象予報士を取得しています。

 

気象予報士は合格率5%ほどと、かなり難易度の高い資格です。

 

大学に在学しながら、気象予報士に合格できるなんて、よほどの才女でなければなしえないでしょう。

 

さらに、森下絵理香アナは、気象予報士に合格後、気象予報会社「ウェザーマップ」に所属し、お天気キャスターとして活躍しました。

 

2015年に大学卒業後、NHK福井放送局に入局しました。

 

森下絵理香2015
出典:https://www.nhk.or.jp/a-room-blog/cat-12155/

 

気象予報士の経歴を持つ女子アナというのは、かなり珍しいそうです。

 

難関資格であることを考えれば、当然かもしれませんね。

 

元々、森下絵理香アナは、「テレビに関わる仕事をしたい!」という熱い思いをもって大学に進学したんだとか。

 

自分の夢や目標に向かって、まっすぐに努力できるひたむきな女性ということなのでしょう。

 

その信念にはストイックさすら感じます。

 

ハイスペック女子と呼ばれるのも納得の理由ですね!

 

森下絵理香アナの出身高校は?

 

森下絵理香アナの出身高校は公表されておらず、情報を見つけることができませんでした。

 

神奈川県横浜市出身とのことですが、東京都育ちとの情報もあり、出身高校は「神奈川県内だった説」と「東京だった説」に二分されています。

 

どちらにせよ、高偏差値の上智大学に進学できているので、出身高校は進学校だったことに間違いないでしょう。

 

また、上智大学理工学部に合格するには、数学や物理、化学といった理数科目の高得点は必要不可欠。

 

高校時代に得意な科目は理数系だったのでしょう。

 

森下絵理香アナは生年月日が非公開になっていますが、実は気象予報士をしていた当時、「1991年生まれ」と公開していたことがあったそう。

 

1991年生まれだと、大学卒業が2014年になります。

 

しかし森下絵理香アナは2015年に大学卒業後、NHKに入局しているので、実年齢と経歴では1年異なります。

 

森下絵理香新人
出典:https://saisin-news.com/2017/09/05/morisitaerika-gazou/

 

そのため、「高校卒業後1年浪人して大学に進学したのではないか??」とネット上で噂されています。

 

もしかしたら、大学進学中に交換留学などにより、1年ブランクが生じた可能性もあるので、浪人していたというのは確実な情報ではありません。

 

高校時代について、森下絵理香アナ本人の口から語られる機会はほとんどありませんが、大学進学を目指して勉強漬けの毎日だったことでしょう。

 

小動物のような可愛らしいイメージとはかけ離れていて、そのギャップがまた魅力的ですね。

 

スポンサーリンク

森下絵理香アナの英語力が凄い!

 

森下絵理香アナは、日本に住む外国人や、海外に住む人向けに、国際ニュースを英語で伝える「NHKワールド NEWS LINE」のキャスターを務めています。

 

森下絵理香ワールドNEWSLINE
出典:https://hochi.news/articles/

 

森下絵理香アナの英語は堪能で、TOEIC960点の実力を持つと評判になっています。

 

TOEIC960点は英検1級に相当し、高度な英会話技術を持っているということになります。

 

しかし、実はご本人はあまり英語を得意と思っていなさそうです。

 

それというのも、森下絵理香アナは、アメリカで高校時代を過ごしていたにも関わらず、あまり上達せず、NHKで英語に関する仕事を受けるようになってから、本格的に英語の勉強をするようになったんだとか。

 

NHKの公式サイトにて、森下絵理香アナは次のように語っています。

 

実は、父親の転勤で高校の2年間はアメリカに住んでいました。ただ、人見知りで現地の学校に全然溶け込めなかったし、友だちもできなかった。そんな自分がすごく嫌で、ひとりぼっちの時間は英語の勉強ばかりしていました。でも、しゃべることだけは上達せず、人前で英語を話すのが大の苦手でした。そんなふうに思い続けて10年以上。そろそろ長年のコンプレックスに向き合ってみようか…と、いままさに、猛勉強中です。

引用:https://www6.nhk.or.jp/a-room/ryugi/

 

森下絵理香アナは好奇心旺盛なイメージがあったので、アメリカ生活になかなか馴染めなかったなんて意外性がありますね。

 

多感な年頃に、親しい友人がいない環境で2年も過ごすのは、さぞかし気苦労が多かったことでしょう。

 

もしかしたら、アメリカ生活での経験から、「もっと積極的に人と関わりたい」という思いが芽生えて、アナウンサーを志すようになったのかもしれません。

 

現在は、ポジティブに楽しみながら英語の勉強ができているそう。

 

生き生きと輝く森下絵理香アナの笑顔は、これまで人知れず努力してきた証なのでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

 

今回は森下絵理香アナの出身大学や高校が凄い!英語がペラペラなのはなぜ?

 

という事で、NHKの女子アナウンサー、森下絵理香アナについて調べました。

 

 

ハイスペック女子と呼ばれる森下絵理香アナは、上智大学出身で、気象予報士の資格を持ち、英語が堪能な女性であることが判明しました。

 

持ち前の聡明さだけでなく、前向きに努力する素敵な人間性も分かりました。

 

過去の悔しさをバネに頑張り続ける森下絵理香アナを、これからも応援していきたいですね!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク