小高直子アナの病気(緑内障)は完治した?若い頃の画像もまとめた!

スポンサーリンク

 

1992年に中部日本放送(CBC)に入社し、現在はラジオを中心に活躍中の小高 直子(こたか なおこ)アナ。

 

出典:https://twitter.com/cbc1053kikeba

 

そんな小高直子アナの病気(緑内障)は完治した?若い頃の画像もまとめた!

 

CBCではアナウンス部課長、プライベートでは一女一男の母でもあります。

 

今回は、そんな小高直子アナの病気(緑内障)は完治した?若い頃の画像もまとめてみました!

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク

小高直子アナの病気って何?

 

2016年、小高直子アナの姿が見えなくなり、一部SNSでは心配する声があがっていました。

 

出典:https://twitter.com/cbc1053kikeba

 

実は、目の病気を患っていて、治療のための休養だったようなんです。

 

一体なんの病気なのか、どうやって見つかったのかを調べてみました。

 

緑内障

 

小高直子アナの病気ですが、緑内障だったようです。

 

聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

 

緑内障ですが、大まかに言うと視界が狭くなる病気です。

 

あと、神経は脳と繋がっているので、目の症状以外にも頭痛や吐き気などもあるとのこと。

 

緑内障の初期症状は無症状が多く、症状が出る段階までは、進行がゆるやかなようですね。

 

小高直子アナがどのくらい進行していたのかはわかりませんでした。

 

ですが、緑内障の治療法ですが、病院や症状にもよると思うのですが、薬物療法とレーザー治療で効果がないときに手術となる場合が多いようです。

 

それを考えると、かなり病状が進んでいた可能性もありますよね。

 

発覚したきっかけ

 

小高直子アナが緑内障に気づいたきっかけは、目の症状ではなかったようです。

 

実は、2015年に心臓にカテーテルを入れる手術をし、そのときに全身の精密検査を受けて見つかっています。

 

また、緑内症だけではなく複数の病気が発見されたようです。

 

正式な発表があったわけではないので、あくまでネット上での情報になります。

 

手術までしているので、何らかの症状はあったのではないかと思ってしまいますよね。

 

そして複数の病気というところも気になり、調べてみました。

 

ですが、病名などの情報は見つかりませんでした。

 

出典:https://twitter.com/cbc1053kikeba

 

出演していたラジオ番組を、手術のため休養に入るのですが、それもはっきりと公表したのではなく、”メンテナンス”と言っていたんだとか。

 

明るい印象の小高直子アナですが、きっと前向きな方なのでしょうね。

 

ネットには、小高直子アナを見かけなくなったため、心配の声があがっていました。

 

長年CBCを引っ張ってきたトップの小高直子アナなので、責任感とアナウンサーとしてのプライドもあったのかもしれません。

 

小高直子アナの病気は完治した?

 

小高直子アナがなった緑内障ですが、完治する病気ではありません。

 

出典:https://www.ac-illust.com/

 

緑内障の手術ですが、原因に関係する眼圧(眼の内圧)を下げるためのようです。

 

その手術によって、緑内障の進行を遅らせる意味があるみたいですね!

 

ですが、残念ながら狭くなった視界が緑内障前の状態に戻るわけではないそうです。

 

それを考えると、今もなんらかの症状が残っている可能性は高いと言えますね。

 

出典:https://twitter.com/cbc1053kikeba

 

命にかかわる病気ではないといえ、健康な目に戻らないのはつらいこと。

 

アナウンサーの仕事は、ただ原稿を読むだけの仕事ではないですよね。

 

とくにラジオですが、声だけですべての感情を表現しなければなりません。

 

出典:https://ameblo.jp/haramoto-miki/entry-12434860941.html

 

目で見て、耳で聞いて、自身の体で感じたものを声だけで伝える。

 

前向きな小高直子アナなので、病気を苦しい経験としてでなく、仕事の糧にしているのかもしれません。

 

だからこそ、リスナーとの距離が縮まりファンも途切れないのではないでしょうか。

 

出典:https://twitter.com/cbc1053kikeba

 

小高直子アナが1993年から担当しているラジオ番組『つボイノリオの聞けば聞くほど』。

 

小高直子アナとラジオパーソナリティであるつボイノリオさんが二人でMCを務めている番組です。

 

この番組、2人の掛け合いが面白いのですが、何より小高直子アナがリスナーにも愛されてるな~と感じるものがあります!

 

それが知る人ぞ知る。

 

小高直子アナのもう一つ呼び名、”小高親方!!!”

 

出典:https://twitter.com/cbc1053kikeba

 

小高直子アナが少し仕事を休めば、「巡業」。

 

休みから戻ってくると「土俵入り」。

 

など、SNSの投稿からも番組やリスナーたちからの愛され度が伝わってきます。

 

親方と呼ばれ始めたきっかけは、産後のダイエットが大変だったことについて話したから。

 

出典:https://twitter.com/cbc1053kikeba

 

女性だったら気にする話題じゃない?!と思いますが、さすが小高直子アナです。

 

めちゃくちゃウケてます

 

緑内障は完治はしませんが、小高直子アナは今でも元気にラジオ番組に出演しています!

 

不安な時期もあったと思いますが、変わらない元気なしゃべりととユーモアなセンスで完全復活

 

たまに巡業に出かけるときがあっても、また土俵入りするでしょう!!

 

出典:https://twitter.com/cbc1053kikeba

 

小高直子アナが最後に長期休養したのは、2016年の1月から4月にかけてのようですね。

 

以降は長期にわたるような休みをとっていたという情報は見つかりませんでした!

 

完治はしませんが、元気に仕事が出来るまでに復活しているので、経過良好?!と思いたいですね。

 

なにより仕事を大切にしている小高直子アナにとっては、仕事をすることが一番の治療になっているのかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小高直子アナの若い頃の画像まとめ!

 

8月16日で53歳を迎える、一女一男の母でもある小高直子アナ。

 

出典:https://www.instagram.com/cbc.announcer/

 

小高直子アナですが、兵庫県立尼崎高等学校を卒業後は関西学院大学へ進学していますが、実は学生時代、準ミス尼崎に選出されたことがあるんだとか!

 

その頃の小高直子アナが見たい!と思い写真を探してみました。

 

ですが、学生時代の小高直子アナの写真が見つかりませんでした。

 

ということで、大人になっての小高直子アナの姿で想像してみましょう。

 

出典:https://twitter.com/cbc1053kikeba

 

きっと今も学生時代の面影はあるはずです!!

 

こちら52歳、現在の小高直子アナ。

 

出典:https://twitter.com/cbc1053kikeba

 

産後ダイエットは苦労したようですが、やはりスタイル良いですよね!

 

こちらは2009年なので、40歳の小高直子アナ。

 

出典:https://ameblo.jp/vizon5333/entry-10386915465.html

 

10年以上も前となると今よりは若く感じますね!

 

出典:http://uz2002.blog9.fc2.com/tb.php/390-82f261b9

 

眼鏡をかけていないと、また印象は変わりますね。

 

目鼻立ちがはっきりとした顔立ちなので、幼い頃から美人さんだったのではないでしょうか。

 

出典:https://twitter.com/cbc1053kikeba

 

小高直子アナには娘さんが居るので、もしかすると若い頃の小高直子アナに似ているのでしょうか!

 

こんなお茶目なポーズだってしますよ~。

 

出典:https://twitter.com/cbc1053kikeba

 

写真からも明るい人柄が伝わってきます。

 

出典:https://twitter.com/cbc1053kikeba

 

小高直子アナの写真を探していて思ったのが、1人で写っている写真が少なく感じました。

 

案外、恥ずかしがり屋で、乙女な一面もるのかも?!とか思ったり。

 

今も十分、綺麗な方ですよね!

 

まとめ

 

今回は、小高直子アナの病気(緑内障)は完治した?若い頃の画像もまとめた!/親方

 

  • 小高直子アナの病気は緑内障だった
  • 小高直子アナがなった緑内障は完治する病気ではない
  • 小高直子アナの若い頃の写真は見つからなかった

 

病気を抱えても、明るく頑張っていた小高直子アナ。

 

小高直子アナの声に元気を貰った人も多いはず!

 

リスナーとして、応援していきます!

 

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

error: 申し訳ありません。このページでは右クリックは出来ません。