千葉雄大の親戚の画家、藤田嗣治(つぐはる)の作品やピカソとの関係、交流は?【一番遠い親戚さん】

2月11日放送の『はじめまして!一番遠い親戚さん』の
予告での千葉雄大さんの遠い親戚だという
「ピカソと交流を重ねた日本人画家」
一体誰なのか気になりませんか?

という事でこの方について調べてみました!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

千葉雄大の遠い親戚、藤田嗣治

出典:http://www.kyotodeasobo.com/

千葉雄大の親戚だと思われる
ピカソとも交流があった日本人画家とは
藤田嗣治さんです。

 

生まれは日本ですが第1次世界大戦前より
フランスのパリで活動されていたそうです。

 

猫と女性を描く事を得意とし、日本画の技法を
油彩画に取り入れつつ、独自の「乳白色の肌」
と呼ばれた裸婦像などで西洋画壇でも絶賛を浴びた
エコール・ド・パリの代表的な画家。
フランスに帰化後の洗礼名はレオナール・ツグハル・フジタ

引用記事https://ja.wikipedia.org/wiki/藤田嗣治

藤田嗣治のプロフィール

出典:https://matome.naver.jp/odai

藤田 嗣治(ふじた つぐはる)

フランス名:レオナール・ツグハル・フジタ

生年月日:1886年11月27日

死没月日:1968年1月29日(享年81歳)

国籍:日本/フランス(1955年に帰化)

出身地:東京都

卒業校:東京美術学校(現・東京藝術大学)西洋画科卒

1913年にフランスに移住し、ピカソらと進行を持った。
40年に帰国するが、54年に再びフランスに戻りそのまま帰化。
スイス、チューリヒでがんのため死去。。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ピカソとの関係、交流

 

1913年の夏、画家志望だった藤田は
単身フランスへ渡ります。
パリに着き画家としての活動を始めた藤田は
すぐに芸術家として注目されるように。

 

パリのモンパルナスに居を構えた藤田
当時のモンパルナスは家賃の安さから特に画家が
多く暮らしており、隣の部屋にはあのモディリアーニや
シャイム・スーティンらと知り合ったそうです。
モディリアーニと藤田は後に親友と呼ぶ関係になったとか。

アメデオ・モディリアーニ
出典:https://artmuseum.jpn.org/

調べれば調べるほど凄い人だということがわかりますね。

あの時代に単身でパリに渡る
というのも凄いですが、
あっという間に認められてしまう
というのも才能の為せる技でしょうね。

 

そしてモディリアーニ質を通じ知り合ったのがかの
パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・
ファン・ネポムセーノ・チプリアーノ・デ・ラ・
サンティシマ・トリニダード・ルイス・ピカソ!
だったそうです。

パブロ・ピカソ
出典:https://estudy.7match.biz/

藤田嗣治の自伝でフランスに渡って2日後に
ピカソのアトリエへ訪れたという記述が
ありますが、これは自伝の脚色で
実際にはピカソにあったのは数ヶ月後だったそう。

 

その後もピカソらエコール・ド・パリの
画家たちとの交流は続き
藤田の技法である『乳白色の肌』には
ピカソも注目していたそうですよ。

 

あの、ピカソに注目されるなんて凄い!
とミーハー日本人としては思ってしまうんですが(笑)
実際に藤田嗣治さんはフランスではその名前を
知らない人はいないくらいの画家みたいです。

 

こういう機会でも無ければ藤田さんの存在を
知ることは無かったと思うと感慨深い…

藤田嗣治の作品

 

ここまで紹介して、ピカソにも注目されたという
藤田嗣治さんの作品が気になってきたのでは?

という事で藤田さんの作品を紹介していきます!

寝室の裸婦キキ 出典:https://www.musey.net/

こちらが藤田の画家としての名声を
確立した1928年発表の《寝室の裸婦キキ》
画像では「乳白色の肌」がイマイチ伝わらない…

 

鏡と少女

1935年発表の《鏡と少女》
こちらの画像の方がわかりやすいのかも
化粧をする女性の仕草や表情の柔らかさが
とか語るのはおこがましいので凄い!
だけ言っておきます。

 

《アッツ島玉砕》

第2次世界大戦中、戦争記録画制作のため
戦地に派遣されていた藤田。上記の2作品と
同じ作者とは思えないほどの壮絶なリアリズム描写
終戦後は戦争責任の追求から逃れるために
自分の戦争画や関係資料を焼いたそうです。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

まとめ

 

今回は千葉雄大の親戚の画家、藤田嗣治(つぐはる)の
作品やピカソとの関係、交流は?という事で
記事を書かせていただきました。

まとめると

 

・千葉雄大さんの親戚の画家は藤田嗣治さん!

・藤田さんは1913年に画家を目指して単身フランスへ渡った!

・藤田さんはピカソやモディリアーニとも交流がある!

・藤田さんはエコール・ド・パリを代表する画家!

 

ですね。

読んで頂きありがとうございました。

スポンサードリンク