オリラジ中田Youtubeチャンネル、間違いが多すぎて大炎上。ニュースでも取り上げられてしまう…

中田敦彦のYouTube大学」というYoutubeのチャンネルをご存じでしょうか。

オリエンタルラジオの中田敦彦さんのチャンネルで、中田さんがテレビに出なくなってからはYoutubeから収入を得ていたようですね。

中田さんがテレビに出れなくなった理由や、どのぐらいお金を稼いでいるかはこちら!→『Youtubeが収入源?オリラジ中田が干されても金に困らない理由』

そんな中田さんのYoutubeチャンネルは、主に歴史・文学・政治などの解説動画を投稿しており、

中田さん自身によると「YouTube×教育×お笑い」がコンセプトで、『教育系Youtuber』と名乗っています。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

中田さんの動画が間違いだらけで炎上?

Twitterでは以前から中田さんの動画に誤りが多数ある指摘がたびたび挙げられており、

先日は戦前の日中関係史についての動画に対して、神戸大学大学院の木村幹教授が「これはこれまで見たどの答案よりもすごいかも」と呆れた旨をツイートしたのが大きな反響を呼びました。

問題の動画「激動の第一次・第二次世界大戦を中田がエクストリーム授業!」

この動画には誤りが多々あるんですが、キリが無いので大きな問題がある1点だけ言及します。中田氏は第2次大戦でフランス制圧後のドイツの動きを次のように説明しています。

そして狙うは後はイギリスだけですよ。もうドイツの周りを押さえましてフランスお前押さえました。後は島のイギリスだけじゃー! ロシアついてこーい! って、イギリスを攻めに行くわけですよ。

出典:「激動の第一次・第二次世界大戦を中田がエクストリーム授業!」31分47秒あたりから

第2次世界大戦でドイツがイギリス攻撃にロシア(ソ連)を誘ったという話は寡聞にして知りません。が、問題はそこから少し後です。

その上でヒトラーが「よしイギリス! ロシア、一緒にイギリス攻めようぜ! おおん!? ロシアなんか疑わしいな動きが」って言って、「ロシア言うこと聞かないんだったら先にシメちまうぞ!」って言ってロシアの方に行くんですよ。

出典:「激動の第一次・第二次世界大戦を中田がエクストリーム授業!」32分27秒あたりから

中田氏の解説によれば、イギリス攻撃に誘ったロシア(ソ連)が怪しい動きをしたので、ドイツがロシアを攻めた。これが独ソ戦の開戦経緯と説明しています。ソ連が怪しい動きをしたのでドイツが攻めたと解釈できる言説は、大変に問題があるものです。なぜかと言えば、これは古典的なフェイクだからです。

2019年に注目された新書、大木毅『独ソ戦 絶滅戦争の惨禍』(岩波新書)でも、この言説に触れられています。それによれば「ドイツのソ連侵攻は、スターリンの先制攻撃に対する予防戦争だった」とする説について、「パウル・カレルをはじめとする歴史修正主義者たちのテーゼ」としており、その主張が軍事的に成り立たないことを証明したアメリカの研究を紹介しています。パウル・カレルはナチス政権で外務省報道局長だったパウル・シュミットの筆名で、ナチス関係者に都合の良い、史実を曲げた説を流しており、今風に言うならフェイクと言うべき説です。

と、動画内でフェイクを説明してしまっているようです。

ツイッターユーザーの声

中田さんに批判的な声

個人のYoutubeの動画に信憑性を求める方が悪い、という意見

これに対してYoutubeでは、肯定的なコメントが多かったです。

Youtubeにいるのは中田さんのファンの人なので、好きな芸人さんをフォローしたい、という気持ちでしょう。

何にしろ、きちんと勉強したい時は、自身で何冊か書籍を読んで、照らし合わせて調べる必要があるという事ですね!

スポンサードリンク