【行列】渡部おすすめの激ウマのり弁!どこで買える?お取り寄せ可能?

2/2の行列ができる法律相談所、差し入れグランプリで渡部建が紹介するのが
芸能界グルメ王が威信を賭けた「高級のり弁当」

 

芸能界屈指の食通で知られる渡部おすすめとあって激うまであることは約束されたようなもの。

 

なんですが、この高級のり弁、どこで買えるんでしょうか、そして通販やネット販売でのお取り寄せは可能なんでしょうか?

 

気になったので調べてみました。

 

スポンサードリンク

渡部がすすめるのり弁が買えるのは根津松本!

 

そう、グルメ王渡部建が推薦する高級のり弁が買えるのは東京都文京区にある根津松本という魚専門店!

 

なんと、高級のり弁が買えるのは弁当屋ではなく素材にこだわり抜いた魚屋さんでした。

 

この根津松本、噂によると日本一の魚屋と呼ばれるほどの名店なんだとか…

 

こちらがその高級のり弁なんですが

出典:https://precious.jp/

お値段なんと

2,916円!

 

うおお…

なんというか、我々が普段食べているのり弁とは佇まいからしてまるで違いますね。

見慣れたおかずはちくわの磯辺揚げくらいのものなんですが、
とりあえずおかずのラインナップを確認してみましょう。

 

焼き鮭:お弁当のおかずとしては定番ですが、のり弁に乗っていると神々しいものを感じます。

 

ちくわの磯辺揚げ:見知った顔のハズなんですが、3000円ののり弁の中に入るといつもとは違った雰囲気を感じてしまいます。
地元を離れ、旧に垢抜けてしまった幼馴染を見るような感覚と言えばわかるでしょうか、とにかくそんな感じです。

 

銀鱈の西京揚げ:西京漬け…そんなものが入っていてはもはやのり弁という名前を付けることが正しいのかどうかもわからなくなりますね。

 

玉子焼き:こちらも見知った顔、と安心したのもつかの間。
なんとこの玉子焼き、海老のすり身と山芋を混ぜ込み、1時間もかけてじっくりと焼き上げられている一品。
同郷だと聞いて安心していた地味子が会社以外ではイケイケ女子だった時のような衝撃、といえばわかってもらえるのでは。

 

のり:のり弁の中で一番重要と言っても過言ではない海苔!築地・丸山海苔店の「こんとび」という、
ミシュランガイドに載るような寿司屋でも使われている海苔だそうです。

 

どうでしょう、2916円、安く感じてきたのでは?

筆者的には近くまで行く機会があるなら一度は味わってみたいかも、てか食べたい。

※根津松本さんの高級のり弁は1日限定30個で前日予約必須なので注意!

 

そして根津松本さんは持ち帰りメニューとしてのり弁の他にもちらし寿司と特選弁当も販売しています。

こちらがちらし寿司 並 3,780円

出典:https://ameblo.jp/alwaysudon

そこら辺の寿司やが束になってもかなわない味」とのことです。

 

特選弁当 12,960円

出典:http://nezu-matsumoto.jp/

どんな高級素材が使われているんでしょうかね。
さすがに筆者が一生口にすることはなさそうです(笑)

 

 

根津松本のお弁当は予約必須!

根津松本ではおそらく作り置きをしないスタイルなのでしょうか。
お弁当に関しては前日の17:00までに予約注文をしなければなりません。

 

当日いきなりお店に行っても売ってもらえない可能性が高いので注意しましょう。

 

また当日に予約キャンセルをした場合代金を全額支払わなければならないとの事です。

 

厳選された材料を用意してお弁当を作るわけですから、仕方がないですよね。

 

根津松本の場所はここ!

東京都文京区根津1丁目26−5

都バス 上58 根津神社入り口 1分
東京メトロ 根津駅から460m

 

根津松本の高級のり弁、お取り寄せは?

根津松本の高級のり弁、通販やネット販売でのお取り寄せは可能なんでしょうか?

結論から言うと、根津松本ののり弁はお取り寄せは不可能です。

素材にこだわる魚屋さんですから、そりゃ通販はやってないですよね。

高級のり弁を味わうには今の所お店に行って買う以外の方法はないようです。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

まとめ

 

今回は渡部建…芸能界グルメ王が威信を賭けた「高級のり弁当」が買えるのは?お取り寄せは可能?
という事で記事を書かせていただきました。

 

まとめると

 

・渡部オススメの高級のり弁は根津松本さんののり弁!

・根津松本さんののり弁(2916円)は前日予約必須!

・根津松本さんの場所は東京都文京区根津!

・根津松本さんののり弁はお取り寄せ不可!

 

ですね。

 

正直書いてる最中も食べたくて食べたくて…
さすがグルメ王渡部って感じですね。

 

東京に行く機会があればぜひ実際に食してレポしたいと思います1

 

それでは、読んで頂きありがとうございました。

 

スポンサードリンク