橋本環奈主演の「シグナル100」キャストやあらすじ、ロケ地は?

橋本環奈さん主演のホラー映画「シグナル100」
の上映開始が間近に迫っています。

そこで今回はこの作品の
キャストやあらすじやロケ地に主題歌等
気になる情報をまとめてみました。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シグナル100

元々は宮月新原作、近藤しぐれ作画でヤングアニマル誌
で1年程に渡って連載された作品です。

シグナル100のロケ地

茨城県常陸大宮市にある旧美和中学校だそうです。

結構辺鄙なところかも(笑)
(住んでる人いたらごめんなさい)

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シグナル100の主題歌は?

yukaDD(;´∀`)さんの「Carry On」
(;´∀`)までが名前だそうです。

なんと2020年1月にワーナーから
デビューしたばかりの方だそう

大抜擢なのかゴリ押しなのか
個人的にはすごく素敵な歌声だと思います。

シグナル100の公開日は?

2020年1月24日(金)公開予定ですね。
因みにR-15指定のため15歳以下の方は
見れません。

ここからはシグナル100あらすじや
キャストなどを紹介していきます!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シグナル100のあらすじ

朝。まもなく始まる学園祭の準備で慌ただしい日々を送る聖新学園高校3年C組の生徒たち。担任教師・下部(中村獅童)に視聴覚室に呼び出された樫村怜奈(橋本環奈)ら36人は、突然、不気味な映像を見せられる。それは≪自殺催眠≫の暗示だったー。
その催眠発動(自殺)のシグナルは、全部で100種類。「遅刻をする」「スマホを使う」「涙を流す」……何気なく普段行っていた行為が死を招く。学校から出ることも、外部に助けを求めることもできない。死の暗示を解く方法はクラスメイトの死のみ。最後に生き残った者だけが、自殺催眠から逃れられるというのだ。
シグナルを発動させてしまった生徒たちが次々と壮絶な死を迎える中、その謎を明かされないまま、下部は教室の窓から飛び降り、突然の死を遂げてしまう。
絶望的な状況のもと、人間の醜い本性が次々と暴かれ、やがて、生き残りを賭けた壮絶なデスゲームへと発展していく。タイムリミットは夜明けまで。樫村は全員が生き残る方法を見つけようと、この見えない恐怖に立ち向かうがー。
催眠を解くのが先か、自分以外のクラスメイト全員の死を見届けるのが先か!?狂気と絶望のデスゲームの結末とは……!?

という事で大きなくくりで言うとよくあるデスゲーム系
なんですけど設定は凝っていて面白いです。

原作は中々のジェットコースター展開
で映画化にはもってこいの題材かと

お金をさわる コーヒーを飲む
華をつまむ ペットボトルで水を飲むといった

こんな風に何気なくとってしまう行動をした瞬間
その人間は催眠により自殺を図ってしまうんですが。
原作の自殺シーンがどれもグロいです。

本当にプチっと潰されるように死んでいくシーンが
映画ではどう表現されているのかは見どころではないでしょうか

橋本さんは作品について
「お化け屋敷のような作品」
「分かっていながらも驚いてしまうし、
1人1人の死に方が印象的」

と評してることからも自殺シーンには
気合が入っている事が伺えますね。

原作を読んでいると主人公を演じるのが
橋本さんというのはちょっとイメージが
違うなって感じなんですが

逆にそこをいい意味で裏切ってくれることを
期待してます。

シグナル100のキャスト

出典:https://www.signal100.jp/

◆榊蒼汰役:小関裕太
スリリング作品が大好物な上、原作が大好きなので、出演が決まった時は嬉しくて飛び跳ねました。
何を信じていいのか。何を疑わなければいけないのか。崩れて行く人間関係。1秒1秒のその人の選択するものによって未来が変わってしまう恐怖。
そんなスリリング映画を観終わった後僕はいつも、水一滴の美味しさ、生きることへのありがたみ、自分の悩んでいることのちっぽけさを感じます。
『シグナル100』の現場では、予測不可能な展開にリアルに怯える撮影の日々でした。
是非この映画を観に来てくださる皆様には、僕たち生徒36人の「生きよう」とする様を、一瞬も逃さず手に汗握りながらご覧いただきたいです。

◆和田隼役:瀬戸利樹
和田隼役を演じさせて頂きました。
この役は自分にとって挑戦でした!どう演じるか悩みに悩んで挑んだ役です。
自殺催眠にかけられた生徒が生き残りを賭け、足掻いている姿、人間の本性、必見です!
撮影中は狂気的な作品ということもあって刺激的な毎日を過ごさせてもらっていました。
それと同時に毎日学校で撮影だったので、どこか高校時代に戻った気分になりました。
僕にとって初めてとなる、心の中のどこか一部分に小さな狂気を宿しているような
役柄を是非見て頂ければと思います。

◆下部役:中村獅童
教師役というのは、あまり演じる機会がなかったのでとても新鮮でした。
下部の狂気じみた行動は、周りからみれば特異ですが、彼自身はそれが正義だと思っています。何を考えているのかわからない謎めいた不気味さを出せるよう努めました。
撮影現場は、橋本さんを中心に明るく活気があり、束の間でしたが良い刺激を受けました。
ストーリーがとても面白い作品なので、映画館の大きなスクリーンで是非ご堪能いただければと思います。

個人的に気になるキャストは

朝比奈優子:さいとうなりさん

朝比奈が原作通りのキャラだとしたら
個人的にイメージぴったりなんですよね

榊蒼汰:小関裕太

正直最後まで読んでないので榊の真実は
わかっていないんですが
爽やかな風貌に狂気を秘める榊
どう演じてくれるのか楽しみですね。

下部役:中村獅童

まあ下僕役にはちゃんと実力派を持ってきますよね。
この作品はこの人次第何じゃないかと思います。

原作が結構面白かったので
期待の映画です。
まあ橋本環奈さんをスクリーンで
見るためだけでも行く価値はありかと(笑)

それでは、見て頂きありがとうございました。

「シグナル100」の主題歌を歌うyukaDD(;´∀`)さんの記事もあわせてご覧ください。

スポンサードリンク