野人中西学引退!28年の現役生活に幕 2.22後楽園ホールが最後の試合

スポンサードリンク

『野人』

『和製ヘラクレス』

スポンサードリンク
スポンサードリンク

『人類68億分の1の奇跡』

数々の異名を持つ新日本プロレスのスター
中西学さんが引退を発表されました

中西は2009年5月には棚橋弘至を撃破
デビューから約16年半、6度目の挑戦にして
悲願のIWGPヘビー級王座初戴冠を果たしたが
11年6月には試合中に「中心性脊髄損傷」を負い、
選手生命の危機に立たされた。
が、12年10月両国国技館大会で長期欠場から奇跡の復帰。
以後は主要タイトル戦線から遠ざかり、
昨年末の「ワールドタッグリーグ」では永田とのコンビで
出場したものの2勝13敗と不本意な成績に終わっていた
それでも無骨でパワフルなファイトスタイルは
ファンから絶大な支持を集めていた。

以下はファンの声

 

 

人気選手だっただけに引退を惜しむファンが多いですね。

 

やはり怪我の影響もあり、引退を感じ取っていた方も多かったよう
何れにせよ中西さんの第2の人生が有意義なものになることをお祈りします。

スポンサードリンク