眼窩底骨折の桃田、五輪には間に合う?代わりの選手は誰になる?

1月13日にマレーシアで交通事故に
巻き込まれた桃田賢斗さん。

2月3日から代表合宿に合流し、
練習を再開していたのですが
4日、目の不調を訴え病院で
検査した所、骨折が判明。

 

8日に手術を受けた事が所属チームである
NTT東日本から発表されました。

 

桃田選手は「しっかり治して、一日でも早く
コートに戻りたい」と話しているそうなんですが…

 

スポンサードリンク

桃田選手はオリンピックに間に合うのか?

 

全治3ヶ月の診断をされたという桃田選手。
既に3月に出場予定だった全英オープンの
出場を見送ることも発表されています。

 

気になるのはオリンピックの出場に間に合うのか
というところですよね。

 

やはり皆気になる模様。

 

全治3ヶ月と言っても3ヶ月後に今までと
同じ様に練習や試合が出来るはずもなく
メンタル面での影響も心配されます。

全英オープンをキャンセルとなると
オリンピックまでに国際大会に出場
も出来ず、試合感を取り戻せないまま
オリンピックに挑む、ということになる
かもしれない桃田選手。

 

オリンピックまでに間に合ってほしい
という気持ちはあるんですが、
復帰を焦って欲しくないという
思いもあり、複雑です。

桃田選手が出場不可の場合の変わりの選手は?

桃田選手がもしオリンピックに
間に合わなかった場合
代わりに出場する選手は
誰になるんでしょうか?

 

バドミントンの代表候補

バドミントン男子シングルスの
2020年の日本代表のA代表は
桃田さんを含め4名います。

常山幹太 選手(トナミ運輸)
西本 拳太 選手(トナミ運輸)
桃田賢斗 選手(NTT東日本)、
渡邉航貴 選手(日本ユニシス)
オリンピックの代表選出方法

バドミントン競技の東京オリンピックの選考基準は
世界ランキングにランクインしていることですが
世界ランク1~16位に2名以上がランクしている国の場合
2名の出場が認められています。

 

日本では1~16位に3名の選手がランクインしており
1位が桃田賢斗選手、10位に出場が決まっている堂山幹太選手
そして16位にランクインしながらも出場を逃した西本拳太選手。

 

桃田選手の出場が不可、ということになれば
この西本拳太選手が代わりに出場となる
可能性が高いのではないでしょうか?

 

西本拳太選手の成績

2013、2014、2015年 全日本学生大会 男子シングルス 優勝
2016年 全日本総合選手権大会 男子シングルス 優勝

最近はタイトルを取るような
活躍はされていないようですね。

しかし、オリンピックの選考時には16位だった
世界ランクが2020年になってから伸びて
今は13位、上り調子という事で、
ここからの活躍にも期待できるのでは。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

まとめ

マレーシアでの交通事故から復帰
その矢先に眼窩底骨折が発覚した桃田選手。

無事にオリンピックに間に合ってくれる事を祈っています。

スポンサードリンク