手作り目薬は安全?危険?その理由や、雑菌繁殖についてまとめてみた

Twitter上で噂になっている”手作り目薬”

今手作り目薬の安全性、危険性について、ツイッターユーザーの間で大きな議論になっているので、それについてまとめてみました。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

手作り目薬って何?

手作り目薬とは、ネット上のブログ等で自然派を好む人たちが、既製品の防腐剤の入った目薬を嫌い、自作した目薬のことです。

作り方はネット上に出回っている”塩と浄水をまぜるだけ”というもので、

『塩は塩化ナトリウムが入っていないものを』と記載していたりなど、

その内容の怪しさから話題になっているようです。

今ツイッターユーザーによって、目薬を手作りすることの危険性について、議論がされています。

手作り目薬が危険だと言われている理由

手作り目薬が危険だと言われている主な理由は”雑菌繁殖”

身の回りにはあらゆるところに菌が繁殖しています。

素人の自作となると、容器等などの無菌状態での作業は不可能に近いため、すぐにやめるようにといろんな専門家の方が進言しています。

そもそも、使用しているミネラルウォーター自体が殺菌されているかわからないそうです。

ミネラルウォーターや浄水でも無菌なわけはありませんよね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

まとめ

手作り目薬とは、素人が安全性を求めて自作した目薬である。

手作り目薬が危険だと言われている理由は、

作成過程に雑菌が混入する可能性がある。

使用するミネラルウォーターや浄水が雑菌が繁殖しやすい。

ということでした!

スポンサードリンク