槇原敬之「薬はやっていない」と供述、所持だけなら法律的には無罪?【マッキー】

2018年自宅で覚せい剤を所持していたとして
覚せい剤取締法違反で逮捕されたマッキーこと
槇原敬之容疑者。

 

槇原容疑者は逮捕後の取り調べで
「薬はやっていない」と供述し、簡易検査でも
薬物の使用反応は出なかったそうです。

 

それが本当なら、法律的にはどうなるんでしょうか?

そしてマッキーは薬物依存から抜け出せていたんでしょうか?
調べてみました。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

槇原敬之容疑者が「薬はやっていない」と供述

逮捕後の取り調べで、「僕は長いこと薬はやってません」
「検査をしても反応は出ないと思います。」
との供述をしたという槇原敬之容疑者。

 

実際の簡易検査でも覚せい剤などの陽性反応は出なかったそうです。

ネットでは

・彼氏に使ってもらう用で所持してた?
・2年前に金ちゃんパクられてから薬抜いてたんでしょ
・これ不起訴だろうね

 

などの意見がでています。

 

確かに、2年前の自宅捜索で当時同居していた
奥村秀一(オカマの金ちゃん)は逮捕。
自宅で所持していた薬も押収されているということを考えると
次は自分が…という思いで薬を抜いたとしてもおかしくないですよね。

 

一方、槇原容疑者は自宅マンションで見つかった薬物について
自分のものだと容疑を認める供述しているということで、
警視庁は引き続き調べを進めている。

ここがポイントですよね。
検査で反応が出なかったなら、マッキーは
薬物と知らずに所持していたという主張を
することも出来たはずなんですが、
そこに関しては完全に容疑を認めているという事です。

 

2年前に逮捕された奥村秀一を庇ってのことなのか
また信頼してくれた人達を裏切ってしまったこと
に対する自分なりのけじめなのか、
それとも他に理由が?

 

その辺りの事情も取り調べが勧めば
明らかになっていくんでしょうか。

 

ファンとしてはどういう経緯があったのかは
ちゃんと知っておきたいですよね。

 

とはいえ、所持しているだけでも絶対に
やってはいけない行為であることに間違いは無いんですが。

本当に薬はやってなかったの?

マッキーから薬は抜けていた?

簡易検査では反応が出なかったといいますが、
簡易検査とは恐らく尿検査でしょう。
毛髪検査で正確な結果が出なければなんとも言えません。

 

とはいえ、「検査しても反応は出ないと思います」と
槇原敬之容疑者自身が自信満々に供述していた事を
考えると、恐らく本当に薬は抜けていた可能性が
高いのではと思いますね。

 

薬物依存症からは抜け出せていたのか?

そうなると問題はここですよね。
毛髪検査でも陽性反応が出なかった場合、
マッキーは薬物依存から抜け出せていたと
言っていいのでしょうか?

 

筆者的にはそうは思いません。

 

仮に自分で使用していなかったとしても
所持し続け、ひょっとしたらパートナーに
使用させていたというのは薬物依存から何ら
抜け出せていないと言っていいでしょう。

 

20年前にファンを裏切ってしまったことを心から後悔している。
と涙を流したマッキー。

 

その涙は嘘だったんでしょうか?
その時は本心からもう2度とやるまい、と思っていたんでしょうか?

 

しかし、どれだけの思いや誓いを抱いて居たとしても
一時的な快楽のために全てを捨ててしまう、
捨てても良い、と思える思考になってしまう事が
薬物の一番の恐ろしさなんでしょうね…

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

所持だけの場合の法律は?

覚せい剤取締法では覚せい剤の所持を禁止しています。

 

所持の禁止(覚せい剤取締法第14条)
覚せい剤を取り扱う資格のない人が、覚せい剤を使用せず、売買せずにただ所持することも禁じられています。また、自宅などに置いてある場合でも所持していたと評価されることもあります。

純所持の法定刑:10年以下の懲役(同法第41条の2)
営利目的での所持の法定刑:1年以上の有期懲役と、情状によって500万円以下の罰金が併科(同法第41条の2)

なお、有期懲役は加重されなければその上限は20年となるでしょう。

 

という事で、当然なんですが所持していただけでも
アウトです。ダメ、絶対って事ですね。

マッキーの復帰は?

ただ、覚せい剤所持の罪を問われれ有罪判決が下ったとしても
前回逮捕時から20年以上経過していることもあり。
執行猶予が付く可能性が高いと言われています。

 

もし執行猶予が付いた場合、マッキーの復帰はいつになるんでしょうか?

 

個人的な意見を言わせてもらうならば。
マッキーの復帰は望んでいませんね。

 

20年前に大勢のファンや家族、関係者を裏切って
それでもまだ覚せい剤から抜け出せなかったわけですから。
(自身が使用していなかったとしても)
正直にいって、また同じ事を繰り返すとしか思えないんですよね。

 

特に誘惑の多い芸能界、音楽業界です。
業界との関わりを断つことが薬物との関係を断つ
為の一番の方法なのではないでしょうか。

 

復帰よりもしっかりとした更生を。というのはファンの総意だと思います。

 

事務所、関係者はそれを考慮して冷静な判断を下してほしいと思いますね。

 

スポンサードリンク