イッテQに3時のヒロインがレギュラー入り?評判や批判は?ぼる塾はどうなる!

女芸人No.1決定戦 THE W 2019を制し、
まさしく女芸人界の「ニューヒロイン」と
なった3時のヒロイン。

 

この人気トリオ3時のヒロインにに日テレの
大人気番組、「世界の果てまでイッテQ!」
にレギュラーとして出演するのでは?

 

噂になっています。

 

今までレギュラーだったイモトアヤコさんや
森三中がイッテQを卒業し、その枠に3時のヒロインが
収まる、との事なんですが、果たしてその噂は
本当なんでしょうか?

 

また長きにわたり番組を支えてきたイモトさんや
森三中メンバーとの世代交代を視聴者は
どう捉えているんでしょうか?

 

今回はイッテQに3時のヒロインが
レギュラー入り?評判や批判は?

 

という事で3時のヒロインのイッテQ!レギュラーの
噂や、視聴者の声など集めてみました。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

3時のヒロインがイッテQ!レギュラーメンバー入り?

このニュースを報じたのは東スポ

 リニューアルの目玉は「THE W」優勝者――。日本テレビ系日曜夜の人気番組「世界の果てまでイッテQ!」が、今夏にも大幅リニューアルされることがわかった。“珍獣ハンター”イモトアヤコ(34)、2007年の番組スタートから笑いを届けた森三中が卒業。世代交代して森三中の後を引き継ぐのは“お笑い第7世代”の人気女性トリオ「3時のヒロイン」だという。

大幅リニューアルの裏には番組のマンネリ化、視聴率の問題がくすぶっていた。

「最近の『イッテQ』は、テレビ朝日の『ポツンと一軒家』に視聴率で負けていることもあり、日テレ側はこのコロナ禍による休み(4月26日は放送なし、5月3日は総集編)の間に、出演者を見直すことにした」(日テレ関係者)

番組側がレギュラー、準レギュラー出演者にその方針を示したところ、意外な反応があった。

「女優志望のイモトアヤコが最初に降板を申し出たんです。番組内では“珍獣ハンター”や登山部で引っ張り、2009年には24時間テレビのマラソンランナーも務めたイモトですが、昨年11月に登山ロケでコンビを組んだ『イッテQ』のディレクターと結婚。それもあるのか、番組を卒業し、女優業一本に絞ることを決意したようです」とは番組関係者だ。

これまでの功労者、イモトの意思が尊重されるのは自然な流れだろう。だが、イモトにつられるように、森三中も卒業を決意したという。

「番組としては、イモトだけいなくなるのではリニューアルとしてはバランスが悪いので、話し合いの末、ベテランとなった森三中が卒業することになった。番組開始当初から、温泉同好会、世界中のアトラクション、寒中水泳などに体当たりで挑んできた3人でしたが、40代になり、最近は体力的にもきつくなっていた」(番組関係者)

森三中メンバーの黒沢かずこが新型コロナに感染したこと(4月4日発表)も大きかった。

「黒沢の休業を受け『イッテQ』でも3人の出演を見合わせることになった。そこで、急きょ、代わりに引っ張り出されることになったのが『3時のヒロイン』の3人だったんです」(日テレ関係者)

引用記事:東スポWEB

という事で珍獣ハンターイモトさんは女優業を
優先したいとの事で番組の降板を申し出る。

 

40代になり、体をはった企画が体力的に辛くなってきた
森三中も番組側との話し合いの末、降板が決まった

とのことなんですが…

 

この報道、ホントなんでしょうか?(笑)

 

確かに最近はめっきり体をはる企画が減った
森三中は兎も角、

珍獣ハンターを含めイモトアヤコさんの
出演する企画はどれもイッテQ!という番組の
書くとも言えるものだと思うんですが…

 

果たして3時のヒロインがその後継を担うことが
できるんでしょうか…

 

スポンサードリンク

イモト、森三中卒業で3時のヒロインと入れ替えは本当?

正直、ソースがソースだけににわかには
信じられないこのニュース。

 

そもそもイモトアヤコさんの珍獣ハンターの
コーナーは番組の顔、

そして森三中も主に大島さんが長きに渡って
女性芸人として体を張り続けたという功績が
あります。

 

 

番組のリニューアルという事なんですが、
このイモトさんと森三中を切るということは
もはや別番組になってしまいそうですよね。

 

そしてその後継者が3時のヒロインというのがまた…

 

注目度の高い第7世代の女芸人ということに加え、
The Wでの優勝もあり、実力としては問題は
無いのかも知れませんが…

 

恐らく誰もが思う疑問が一つ

 

3時のヒロインで誰が体をはるの?

イッテQといえば珍獣ハンターを代表とした
限界まで体をはる企画が最大の見所です。

 

ときには命をはっているのでは?

 

とさえ思えるようなハラハラ感、ドキドキ感が
番組を構成する核の要素ですよね。

 

筆者の個人的な感想かもしれませんが、
3時のヒロインに体をはるイメージがあまり
無いんですよね。

 

3時のヒロインのメンバーを見てみると

 

スポンサードリンク

 

福田 麻貴(ふくだまき)

元アイドルグループでトリオの中では
一番華奢な「女性」といった感じですよね。

ガッツリ体をはるのは見ていて痛々しいかも…

 

かなで

ふとっちょヒロインかなでさん。

普通に考えれば森三中大島さんが担当していたような
企画は彼女が引き継ぐんでしょうけど、

大島さんとはバイタリティの差がありすぎるように
感じますね。

ゆめっち

正直、体をはった企画ということに関しては
ゆめっちが一番向いているかな、と思いますね。

 

ちょうど良いかわいらしさにふくよかな体型。

 

こなれてくればどんな企画も動きや表情だけで
視聴者の心がつかめるかも知れません。

 

 

という事でゆめっちのおかげで意外とイッテQ!の
過酷ロケにも嵌りそうな3時のヒロイン。

 

果たして本当にイッテQ!のレギュラーメンバーとして
就任するんでしょうか?

 

日曜日のプラチナタイムのレギュラーとなると
大出世を飛び越えた超出世。

 

一気に第7世代の中でもトップクラスの
存在駆け上がるであろう3時のヒロイン。

 

この報道が本当なのだとしたら今夏の
番組改変がちょっと楽しみですね。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

イッテQ!イモト、森三中と3時のヒロイン世代交代に関してのネットの評判、批判

イッテQ!でイモトさんや森三中が卒業し、
その後継が3時のヒロインという報道に
関しての批判や評判などネットの声を集めました!

 

 

 

 

 

うーーーーん。

やはり視聴者からは不満の声が多いですね。

 

まあイモトさんも森三中も番組の功労者中の功労者
ぶっちゃけこの4人と宮川大輔で作ってきたような
ものですからね…

 

とは言え、報道が本当ならばイモトさんの降板は
本人の意思、森三中は年齢的にきつい

 

という事で番組を続けていくにはどこかで世代交代は
必要なんですよね。

 

 

まあアイドルグループでもなんでも、新しく入ってきた
メンバーっていうのは元々のファンから叩かれる。

 

というのは通過儀礼みたいなものですからね。

 

もし3時のヒロインがイッテQ!のレギュラーに
なればその瞬間は恐らく批判や叩きが殺到するでしょうが、

 

彼女たちには実力でそれを黙らせてほしいですね。

 

スポンサードリンク

ぼる塾はどうなん?

これは作者の超個人的な趣味嗜好の話なので
読み飛ばしていただいても構わないんですが…

 

3時のヒロイン起用するならぼる塾のほうがええやろ!!

 

面白さもキャラの濃さもぼる塾の方が絶対上!

 

まあ、過酷ロケに耐えられるかと言うのが一番の
問題なんですが…

 

そこは番組リニューアルってことで
ぼる塾の企画ははるちゃんと田辺さんが
ゆるゆるロケをしてそれをあんりが
突っ込むっていう旅ロケにしましょう!

 

 

これで万事解決!どうですか?日テレさん?(笑)

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

まとめ

今回はイッテQに3時のヒロインがレギュラー入り?
評判や批判は?ぼる塾はどうなる!

 

 

という事で3時のヒロインがイモトアヤコ、
森三中との世代交代でイッテQ!のレギュラーに
就任するかも?という報道についての記事を
書かせて頂きました。

 

 

ニュースの情報源が現時点では東スポのみ
という事で記事の信憑性に関しては
どうなのかな?って気はしますね(笑)

 

 

さがった視聴率を取り戻す際に
メインメンバーを刷新する、というのは
よくある話菜のでしょうが、イモトさんが
降板となるとそれはもはや別番組なのでは、
と思ってしまいますね。

 

 

とは言え、いずれは必要な世代交代、幸いなことに
3時のヒロインにはゆめっちという過酷ロケで輝きそうな
メンバーも抱えています。

 

 

この報道が本当なのかはわかりませんが、後任としては
妥当な線なのでは?

 

ただ!

 

筆者的には3時のヒロインよりぼる塾を激プッシュ
したいですね。

 

 

ぼる塾は4人組なのでイモトさん+森三中の4人を
ちょうど補える人数ですよ!

 

 

まあ過酷ロケに問題があるんですが、
番組を改変するならぼる塾が
ゆるーーーくロケをするような企画が
あってもいいじゃないんですか!!

 

 

まあただのぼる塾ファンの戯言なので
お気になさらずに!

 

 

それでは、読んで頂きありがとうございました。

スポンサードリンク