藤本敏史(フジモン)の腸結核は治る?原因は離婚ストレス?【名医のTHE太鼓判】

3月2日放送の「名医のTHE太鼓判」にて、

“芸能人13人が人間ドック。検査結果をもとに余命を宣告!”

ということで、出演者の13人が人間ドックをしたようです。

そこで最近離婚した芸人のFUJIWARAの藤本敏史さんが、腸結核と診断されており、話題になっています。

藤本さんの腸結核の原因は離婚ストレスなんでしょうか?

腸結核は重い病気ですが、治すことはできる?

調べてみました!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

藤本敏史(フジモン)が腸結核!?

藤本敏史(ふじもと としふみ)
芸人、FUJIWARAのツッコミ担当
愛称:フジモン
生年月日:1970年12月18日 (49歳)
血液型: AB型
身長/体重:174cm/不明
出身地:大阪府寝屋川市
2019年12月31日にタレントの木下優樹菜と離婚
2020年3月2日19:00~放送された「名医の太鼓判」にて、腸結核を診断されたフジモンさん。
なんと余命は25年だそうです!意外と生きれるんですね。
離婚騒動以来、なんか可哀想で心配になっていたので、この診断はとても残酷ですよね。
以前はテレビで見るたびうるさいなぁと思っていたんですが、騒動以来ついつい応援してしまう…という人少なくないのではないでしょうか。

腸結核の原因は離婚ストレス?

腸結核とはどういう病気か、と共に、原因を見ていきましょう。

腸結核は、結核菌が腸で感染症を起こす病気です。
腸結核には、⑴肺結核の患者さんが結核菌の混ざった痰を飲み込むなどして結核菌が腸に感染する続発性のものと、⑵肺には感染していないものの、口から侵入した結核菌が腸に感染して起こる原発性のものがあります。
近年では原発性の腸結核が増加しています。その背景には、腎移植や透析、HIV感染、その他の要因で免疫が低下した方が増加しているためと考えられています。
出典:https://www.onaka-kenko.com/various-illnesses/large-intestine/large-intestine_15.html

腸結核の感染の背景に、病気等での免疫力の低下が挙げられるようですね。

離婚問題でのストレスから免疫力の低下に繋がっている可能性は高いようです。

あとは、変に周りに気を使われるのもストレスだそうです。

何にしろ、散々揉めた離婚問題から、病気まで見つかってしまって、フジモンさんは踏んだり蹴ったりですよね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

藤本敏史(フジモン)の腸結核は治る?

腸結核の治療はどのように行われるのか、見てみましょう。

治療には抗結核薬を使用します。点滴や飲み薬での治療が主ですが、腸の穿孔、出血、腸閉塞などが起きている場合には、手術を行う場合もあります。
出典:https://www.onaka-kenko.com/various-illnesses/large-intestine/large-intestine_15.html

抗結核薬や、病気が進行している場合は手術をするみたいですね。

結核は昭和20年代には国内での死亡原因第一位になるなど命にかかわる病気でしたが、医学が進み、次第に治る病気になってきているようです。

投薬だけで治るとのことなので、まだ進行していないようです。

フジモンさんが腸結核を治して、再び元気な姿を見せてくれるようになったらいいですね。

まとめ

藤本敏史(フジモン)さんは名医の太鼓判で腸結核を診断された!

藤本敏史(フジモン)さんの腸結核の原因はおそらく免疫力の低下で、離婚のストレスと関係ありそう。

藤本敏史(フジモン)さんの腸結核は治る病気なので、おそらくまた元気な姿を見せてくれるはず

 

ということがわかりました!

離婚騒動以来暗くなってしまったフジモンさん、早く元気になってほしいです。

 

スポンサードリンク