東出昌大、舌ピアスつけたまま謝罪会見はなぜ?外してこいよと批判、非難の声

3月17日に唐田えりかさんとの3年に
渡る不倫騒動後、東出昌大さん
初めて公の場に登場し、謝罪会見に
応じた事で多くの反響よ呼びましたね。

 

 

お答えできないを連発した会見内容は勿論、
東出さん自身も棒読み、台本読んでるだけ、
演技くさ過ぎて見てらんない
果てはこれならやらないほうがよかった
など散々な言われようなんですが…

 

 

実は東出昌大さん、謝罪会見を開くにあたって
最初からとてつもないミスを犯していたらしいんです。

 

それは舌ピアスをしたまま謝罪会見に臨んだ

 

と言うこと。

 

ファッションは自由なんですが、謝罪会見をするのに
舌にピアスっていうのはちょっと誠意が見えないですよね。

 

今回は東出昌大、舌ピアスつけたまま謝罪会見はなぜ?
外してこいよと批判、非難の声

 

という事でまとめてみました。

スポンサードリンク