GACKTがライブで顔面強打!原因は?容態は?ツアーの日程変更はどうなる?失神の後遺症は?

ミュージシャンのGACKT氏が2日、自身のツイッターで1日のライブ中にギターで顔面を強打、そのままステージ上で気を失い失神してしまった事を報告した。

 

今回は顔面強打し失神した原因は?容態は?ツアーの日程変更はどうなる?失神の後遺症は?など気になることを調べてみた。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

GACKTがライブで顔面強打!原因は?

出典:https://gackt.com/

こちらがGACKT本人のツイート

 

>

この投稿に対し、ファンからは多数の心配する声が

 


GACKTと言えば年明けの「人志松本のすべらない話」で見事に滑ってしまったことが記憶に新しい。
まさかとは思うが、すべらない話でのドンずべりが癖になりライブでもツルーっと滑ってしまったのではないだろうかとファンならずとも心配になってしまう。

 

というのは冗談として、ただでさえ多忙なミュージシャン、芸能人としての活動に、
恐らくはそれ以上に多忙ではないかと思われるのが実業家としての活動だ。

 

投機ビジネスや不動産業、仮想通貨の開発とどう逆算しても睡眠時間を取れるとは思えないほど忙しく働いているだけに、今回の事故も多忙な生活による睡眠不足や蓄積された疲労が原因の一つなのではないだろうか。

 

状況としてはころんだ際に置いてあったギターに顔を打ち付け、そのまま気を失い失神してしまったらしいのだが、あのGACKTがライブ中にコケて顔を打つ、などという事態は通常では考えられない、やはり疲労が溜まっていると思われるGACKT。

 

ファンとしてはいずれかの仕事をセーブし、少し安静にしてほしいと強く思うのだが、彼の性格上それもなかなか難しいのかも…

 

GACKTの容態は?失神の後遺症は?

 

顔面を強打し失神したGACKT、当然容態が気になってしまうが、ライブを実際に見ていた人によるとその後起き上がってライブを再開した、との事。

 

緊急事態でそのまま病院に搬送!などという状況ではなかったにせよ、顔面を強打して失神ともなればその後の後遺症は大丈夫なのか?ときになってしまう。

 

調べてみた所、

失神は通常数秒から数分間で全く後遺症を残さずに軽快しますが、それ以上続くものは意識障害であり、脳や心臓に何らかの障害がある場合があります。また突然倒れるために頭を強く打って、失神というよりも頭部外傷で重篤になることや、失神が長く続くと脳の血流不足のために脳に障害を残してしまうこともあります。最も多いものがいわゆる脳貧血というものです。
引用記事:http://www.fukuokanh.jp/

との事、GACKTが気を失っていたのは数分間らしいのでひとまず後遺症が残る心配はない、のだろうが、今回はたまたま運が良かったという事も考えられる。

 

やはり今後こういった事故が起きないようにしてもらいたいものだ

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

GACKTのツアーの日程変更は?

 

GACKTは現在ツアーの真っ最中、ライブ中に失神したのは昨日だが、本日2月2日の公演も予定通り開催されることが公式からアナウンスされている。

 

この後の2月一杯まで続くツアーの日程にも変更は発表されていない、という事でGACKTの容態としてはそれほど心配する事態ではなかったのだろう。

 

とはいえ、顔だけではなく頭も打っている可能性はゼロではない。

もし何かあったら、などということは考えたくもない。少しは大事をとって、ツアーの日程に手を加えてもよかったのではないか、と思ってしまうのだが、そこはやはりファン想いのGACKT、待っていてくれるファンのためにもツアーをやりきる覚悟なのだろう。

 

ファンとしてはこのまま無事にツアーが終了し、GACKTには少しでも休んでもらいたいと願うばかりだ。

 

まとめ

 

今回の記事をまとめると

・GACKTがライブでコケてギターで顔面強打!原因はおそらく睡眠不足、疲労の蓄積によりライブ中に転んでしまった事。

・GACKTは失神した後すぐに回復し、そのままライブは続けられた為おそらくは失神による後遺症もなくとりあえずは元気のよう。

・ツアーの日程に変更はなく、本日も日程通りに公演が行われる。

 

スポンサードリンク