青森八戸でコロナ感染の会社経営者の感染経路や入院先の病院は?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

青森八戸で初の感染者はどこで感染した?

青森県内に住む70代の夫婦が新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。青森県で感染が確認されたのは初めてです。

青森県によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認されたのは青森県八戸市内に住む70代の夫婦です。

夫は今月9日から15日にかけてスペイン旅行に行ったあと16日に成田空港に到着し、新幹線で八戸市に戻りました。

その翌日以降、のどの違和感や37度程度の熱が出たため医療機関を受診し、青森県環境保健センターで検査した結果、23日、新型コロナウイルスへの感染が確認されました。

また妻も今月18日以降に熱やせきなどの症状が出て、夫とともに医療機関を受診し、23日、感染が確認されました。

今の時点で2人に肺炎の症状は出ていないということです。

夫は添乗員を含めて15人が参加するツアーでスペインを旅行していて、夫を除く9人は三八地方に住んでいるということで、県はこの9人とも連絡をとることにしています。

夫は会社を経営していますが、今月17日以降に職場に行ったのはほかの社員がいない時だけで、夫婦ともに外出時にはマスクを着用していたということです。

県は午後9時半から危機対策本部会議を開いて、関係機関が連携して感染拡大の防止に万全を期すことを確認しました。

本部長を務める三村知事は県民に向けて「手洗いや咳エチケットを徹底するほか、熱などの症状があれば会社を休むなどしてほしい。また、海外の流行地に渡航した方で感染が疑われる方は医療機関を受診する前にまずは保健所に相談してほしい」と呼びかけました。

引用記事:NHK NEWS WEB

 

という事で遂に青森県でも感染者が出てしまいましたね。
この八戸市に住む2人はどこでコロナに感染したんでしょうか?

 

感染者は70代の男性及びその妻

青森で初の感染者は70代の男性とその妻ということです。

 

 

この70代の男性は八戸市内の
会社経営者とのことですね。

 

 

スペインへ行ったのは70代男性のみで
妻は自宅で待機していたそうです。

 

 

まだ確定はしていませんが、
恐らくはそのスペイン旅行時にコロナウイルスに
感染した可能性が高いとのことですね。

 

 

なぜこの時期にこの会社経営者の男性は
スペインへ旅行したのでしょうか?

 

 

70代男性は添乗員含む15人のツアーでスペインへ
行ったとのことで、スペインは単純に
旅行で行かれたようですね。

 

 

ツアー参加者の残りの14人に関しては、
現在感染は確認されていないようです。

スポンサードリンク

コロナ感染の男性の移動経路は?

スペインへの海外旅行へ行き、旅行先のスペインで
コロナに感染したと思われる男性の移動経路は
どんなものだったんでしょう?

 

利用した交通機関なども知りたいですよね。

 

 

この70代男性と妻は3月16日、飛行機で成田空港へ到着し、
そこから東北新幹線で八戸まで移動したとのことです。

 

 

その後、八戸市から自宅まではどのような移動手段
だったのかはわからないんですが、
16日の成田空港付近と東北新幹線、付近に行かれた
方は要注意ですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

青森八戸で新型コロナに感染した70代男性と妻の入院先の病院は?

青森県八戸市に住む新型コロナに感染した
70代男性の入院先の病院はどこなんでしょう?

 

 

会見によるとコロナに感染した70代男性
八戸市の病院に入院したとのことです。

 

 

青森県の感染症指定医療機関としては
青森県立中央病院があるんですが、
青森県立中央病院があるのは青森市ですので

 

新型コロナに感染した70代の男性は
感染症指定医療機関では無く一般の
医療機関に入院したようですね。

スポンサードリンク

まとめ

今回は青森八戸でコロナ感染の会社経営者の
感染経路や入院先の病院は?

 

という事で記事を書かせて頂きました。

 

新型コロナウイルスの感染拡大が一向に
止まる気配が無く、正直怖くなってきます。

 

今回の感染者の男性もこの時期にビジネスとはいえ
ヨーロッパへ旅行に行ってしまったのが原因と
思われるので、やはり不要不急の外出を避け、家で
過ごすのが最良の感染予防策なのでは?
と思ってしまいますね。

 

 

とはいえ、それでは経済活動が…
という問題もあり、一概には言えないですよね。
皆様、外に出た時は手洗いうがいだけは忘れずに

 

それでは、読んで頂きありがとうございました。

スポンサードリンク