[炎上]愛知がヤバい!コロナ感染者名簿の誤掲載批判まとめ!

コロナ対策で何かと批判の集まる
愛知県でとんでもない事が起きてしまいました。

 

 

新型コロナウイルスに感染した患者の氏名などの
個人情報が愛知県の公式ホームページに一時掲載
されてしまっていたというのです。

 

 

今回は[炎上]愛知がヤバい!コロナ感染者名簿の
誤掲載批判まとめ!ホームページでやらかし

 

 

という事で愛知県の新型コロナ感染者名簿の
誤掲載の経緯や批判炎上をまとめました!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

愛知県が新型コロナウイルスの感染者名簿をホームページに掲載!?

 新型コロナウイルスに感染した患者の氏名などの個人情報が、愛知県のホームページに一時掲載されていたことが分かりました。

新型コロナウイルスに感染した患者の氏名などの個人情報が、愛知県のホームページに一時掲載されていたことが分かりました。

愛知県によりますと、午前9時半から午前10時15分まで県のホームページに掲載されていたのは、県内の新型コロナウイルスの感染者490人分の個人情報です。

このうち396人分は氏名が掲載されていました。

県は複数の県民から通報があり、誤って掲載していたことに気づいたということです。

今のところ個人情報を悪用した被害の連絡は入っていません。

県は「風評被害の阻止に率先して取り組むべきところを掲載をして申し訳ない」と謝罪しました。

引用記事:メ~テレ

という事で新型コロナウイルスに
感染した患者の個人情報があろうことか
愛知県の公式ホームページに誤って掲載され、

流出してしまったというのです。

 

 

現在新型コロナウイルスの感染者に対しては
いわれのない誹謗中傷などの被害が出ていることからも
あってはならないミスですよね…

 

スポンサードリンク

 

今の所悪用されたというニュースは入っていない
とのことなんですが、もしスクリーンショットなどで
名簿の画像が保存されていたら…

 

 

新型コロナウイルスの感染で苦しむ患者さんに
余計な心配を与える事になってしまいます…

 

この件に関して愛知県は

 

「風評被害の阻止に率先して取り組むべきところ、掲載をして申し訳ない」

 

と謝罪コメントを出しただけのようなんですが、
しっかりとした会見をして謝罪をするべきなのでは
ないでしょうか。

 

 

しかし、会見を開いて大事になれば名簿の誤掲載の
情報が広まることにもなるため、どのような対応を
取るのかは本当に難しいですね…

 

 

なぜこんなありえないミスが起こってしまったのか
本当に頭を抱えるばかりです…

スポンサードリンク

名古屋のコロナ感染者の名簿誤掲載に対する批判炎上

ありえなすぎるやらかしにSNSでも
困惑の声が出ています…

 

流出してしまった新型コロナ感染者の
個人情報が悪用されないことを
願うばかりですね…

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

まとめ

今回は愛知のコロナ感染者名簿の誤掲載批判まとめ!
ホームページで流出やらかし

 

という事で愛知県で発生した新型コロナウイルス
感染者名簿の誤掲載(流出)についてまとめました。

 

なぜホームページへの新型コロナウイルス感染者の
個人情報が流出してしまったのかは現在の所は
不明です。

 

愛知県は会見なりを開き、なぜホームページに
名簿が誤掲載されてしまったのかをしっかりと説明し、

流出した個人情報で発生した被害については

 

きっちりとした保証や保護をする

 

と明言するべきだと思います。

 

新型コロナへの対応で評価を落とす一方の
愛知県。

 

今回に関しては本当にしっかりとした
対応をとって欲しいですね。

 

それでは、読んで頂きありがとうございました。

スポンサードリンク