100日後に死ぬワニのステマ、最初から電通案件だったって本当?批判炎上まとめ

3月20、ツイッター上で大きな反響を呼んでいた
100日後に死ぬワニが完結しました。

 

しかしその完結直後の商業展開によって

 

ステマだったのか!

 

ワニくん。電通案件でお亡くなり

 

などの批判を受け、ツイッター上では大炎上!

 

今回は100日後に死ぬワニのステマ、
最初から電通案件だったって本当?批判炎上まとめ

 

という事でまとめてみました。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

100日後に死ぬワニ、死後の商業展開でステマ案件だった事が判明

 

感動のうちに終了した100日後に死ぬワニの連載。

 

 

100日後に死ぬ運命のワニの日常を垣間見る
事が出来るこの作品をきっかけに、生きるという事、
そして死ぬということを日常的に考える
ようになった人もいるのでは?

 

 

そして迎えた100日目、感動と共に100日間の連載が終わり、
恐らくは書籍化の決定しているんだろうな。

 

 

くらいの気持ちだったんですが、完結の余韻もクソもない
とてつもない商業展開が行われたのです。

きくちゆうき氏のイラストが用いられたいきものがかりの楽曲「生きる」のPVが公開

楽天にて「100ワニ コレクション(1回550円[税込])」販売開始

ポップアップストア「100ワニ追悼 POP UP SHOP in ロフト」が3月21日から順次オープン

100日後に死ぬワニの書籍化、映画化まで決定

これらがワニの死の直後に一気に発表され。
純粋に作品を楽しんでいたファンは困惑。

ツイッター上は一時騒然となりました。

ワニのステマは電通案件だった

そして同時に開設された100日後に死ぬワニの
公式ツイッターアカウント。

 

この公式アカウントの運営者である株式会社ベイシカ
の取引相手に電通があったこと、
そして前述したいきものがかりの「生きる」のPVの
クレジットに電通のPRプランナーとして有名な
根本陽平氏の名前があったことから

 

100日後に死ぬワニは最初から電通のステマだったのか?

と大炎上に発展しました。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ワニの電通ステマは最初から?

ネット上で争点になっているのは100日後に死ぬワニは
最初から電通案件だったのかどうか?

 

という所にあります。

 

最初から企業が仕掛けたステマだったのか、
それとも最初はきくちゆうきさんの作品があっての
ものなのか、ファンとしては一番気になりますよね。

 

 

最初から電通のステマだったと思うと今までの
時間を返して、となってしまう気持ちもわかります。

 

 

特に電通は従業員のパワハラや過労死隠しで話題になるような
企業ですから、従業員の過労死を隠そうとした企業が
「生きる」ことについて書かれた漫画のステマするって

 

どういうことやねん!

 

って言いたくなりますよね。

 

最初から電通案件では無かった可能性

 

という事で、ツイッター上での盛り上がりに
目をつけた電通が作者であるきくちゆうきさんに
声をかけた、という説が濃厚でしょうね。

 

確かに、これが最初から計画されていたとしたら
ここまでの話題を作り上げた電通はマジで凄いと
思います。

 

同時にマジでバカだと思います。

 

焦らずにゆっくり商業展開をして、書籍の発売と
同時に映画化を発表、そこからその他の商業展開を
広げていく、というやり方ならばこれほどの批判
炎上は起きていなかったでしょう。

 

 

ワニの予想以上の盛り上がりに展開を焦りすぎた
結果の不自然すぎる商業展開になったのではないかな?
と思いますね。

 

 

という事で、入念に計画されたステマでは
無かった可能性は高いと思われます。

 

作者のきくちゆうきさんも最初はメディアを
嫌っていたように思うんですが、途中から
テレビにバンバン出だしてどうしたんだ?と
思ってたんですが、そのへんから電通の息が
かかってたんでしょうね。

 

それを考えると、やっぱり萎えてしまう…

 

作品に罪はないんですけどね。

SNSで批判炎上

ツイッター上では電通案件がトレンド入りし、大炎上。

ワニの電通ステマに対する批判の声をまとめてみました。

 

 

過労死者を出して、しかもそれを認めなかった
というのはやっぱり印象悪いですよね。

 

マーケティングの成功と失敗を凝縮したような
作品というのはまったくもって同意
個人的には残念というより面白いと思ってしまうんですが(笑)

 

 

 

 

スポンサードリンク